ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  ウエディングフレンズ  >  フェアリー・テイル創業10周年レセプション<当日編 vol.1>(09年3月19日オンエア)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

フェアリー・テイル創業10周年レセプション<当日編 vol.1>(09年3月19日オンエア)

昨年12月に10周年を迎えた「ブライダルプロデュース フェアリー・テイル」。
この10年間、フェアリー・テイルを温かく見守りつづけてくださった地域の皆様や、一緒にオリジナルウエディングをプロデュースしてきたネットワーク(取引先)の皆様に感謝の気持ちを表現したい・・・。
そんな思いで、去る2月23日にレセプションを開催しました。
場所は、アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)の5階、「玉藻」(多目的会議室)です。アルファあなぶきホールの「玉藻」(多目的会議室)は、出席者数の多い結婚式の際には、ウエディングパーティー会場として活用しています。




↑アルファあなぶきホール「玉藻」。設営前は、こんな感じでした。
通常は、大型の会議やコンベンションで利用されている会場です。


38-01.jpg

↑シャンデリア型のキャンドルスタンドをテーブル上に置き、お花は白いユリのみで白とグリーンのコントラストが効いたコーディネイトにしました。
キャンドルライトが映えるように照明も落として。
上の写真の会場がこんな風に大変身です!
これこそ「FAIRY TALE MAGIC」(フェアリー・テイル マジック)です。


38-02.jpg

↑こちらは、アルファあなぶきホール4階の大会議室。こちらをウエルカムパーティー会場にしました。こちらの会場は、自然光がたくさん差し込み、窓からは瀬戸内海や玉藻公園、サンポートタワーが眺められます。県外から出席くださるゲストの方には、香川県の魅力も伝えたいと考え、香川県の観光スポットが見渡せる会場を選びました。
自然光にマッチするように、ナチュラルなイメージの会場装飾です。


38-03.jpg

↑フェアリー・テイル創業10周年レセプションは、"オープニングDVD"でスタートです。
当日までの社内ミーティングの様子や当日のセッティング風景を撮影したものを「撮って出し」しました。
(→先週オンエアのページで動画が見れます。但し、BGMは外してあります。)


38-04.jpg

↑司会進行は、多田祐子さん。
多田さんとフェアリー・テイルは10年のおつきあい。
フェアリー・テイルのウエディングプロデュースには、無くてはならない存在です


38-05.jpg

↑株式会社フェアリー・テイル 代表取締役 藤田徳子よりご挨拶。
フェアリー・テイルの創業の経緯、当時混沌としたブライダル業界でお客様目線のサービスで結婚式をプロデュースしたいと思ったこと、そして、縁もゆかりも無かった香川県で創業したけど、こうしてたくさんの皆様と知り合いになれたことへの感謝の気持ちを述べさせていただきました。


38-06.jpg

↑ご来賓を代表して、祝辞を頂戴しました。


38-07.jpg

↑10周年記念セレモニー第1幕。
筆耕師、西丸菅子さんによる「揮毫(きごう)」。
西丸さんは、フェアリー・テイルの結婚式の招待状の宛名書きをしてくださる筆耕師さんです。温かさのある文字を届けてくれる方です。
」・・・フェアリー・テイルの経営方針にもあるとおり「話(コミュニケーション)」を大切に、人の「輪」を広げ、「和」みを感じる、「ワ」クワクする、ブライダルプロデュースをお届けします。


38-08.jpg

↑10周年記念セレモニー第2幕。
「絆キャンドルセレモニー」です。
ご来賓の11名の方に、ステージにご登壇いただき、キャンドルに点火いただきました。


38-09.jpg

↑すると・・・「FAIRY MAGIC!(フェアリー マジック)」の文字が!
レセプションパーティーが、本格始動です。


38-10.jpg

↑この方もフェアリー・テイルとは、10年のおつきあい。
ペガサスキャンドル株式会社、井上専務の乾杯のご発声で、食事歓談がスタートしました。


38-11.jpg

↑今回のレセプションのお料理を担当下さった、「リーガホテルゼスト高松」の佐々木総料理長。
フェアリー・テイルのおもてなし料理のこだわりポイントや、リーガホテルの新たな挑戦の仕掛けをお話しくださいました。


38-12.jpg

↑「リーガホテルゼスト高松」さんには、何度もなんどもメニューについて打ち合わせにお付き合いいただきました。
ゲストの皆さんからは、こんな「ビュッフェパーティーはじめて~」、「ビュッフェのお料理って、冷めたものばかりというイメージだったけど、コース料理を食べているみたい~!」と喜んでいただきました。


38-13.jpg

↑菓子工房ルーヴの野崎専務さん。
ルーヴさんとも10年来のおつきあい。
いろんな思い出話(楽しいこと、苦しかったことなどなど)をしてくださいました。
今回のレセプションの、ギフトになった「ぶどうのBONBON(ボンボン)」もフェアリー・テイル オリジナルバージョンで製作してくださったのも、菓子工房ルーヴさんです。


38-14.jpg

↑ステージでは、香川を代表する菓子工房ルーヴのチーフパティシエ、川村さんに10周年記念ケーキのデモンストレーション製作をしていただきました。
ケーキのトップには、フェアリー・テイルのロゴマークである「ガラスの靴」のカタチをしたチョコレートを飾っていただきました。


38-15.jpg

↑お料理の横に設けられたデザートビュッフェのコーナーでも、パティシエの皆さんが腕をふるってくださいます。産地にこだわったフルーツを使用したケーキや、ご年配の方でも喜んでいただける和風のデザートなど・・・。もりだくさんです。
フェアリー・テイルのプロデュースする結婚式でも好評のチョコレートフォンデュも登場し、女性のゲストの方は、大喜びでした。


38-16.jpg

↑くじ引きであたったゲストの方が、ウエディングケーキ(?)に入刀です。
たまたま、男性の方2名に当たってしまいました(*^_^*)


本日は、フェアリー・テイル創業10周年レセプションの前半の様子をご紹介しました。
来週は、後半をお届けしますので、楽しみにしていてください。



関連タグ:プロデュース裏話 チーム・フェアリー イベント報告 ウエディングフレンズONAIR

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE