ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  ウエディングフレンズ  >  結納・顔合わせ<カップルインタビュー編>(09年8月20日オンエア)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

結納・顔合わせ<カップルインタビュー編>(09年8月20日オンエア)

今月は結婚式の前に行われる「結納」「顔合わせ食事会」についてご紹介しています。今週は実際にカップルの皆さんがどんな「結納」「顔合わせ食事会」をされているのかをインタビューしてみました。

 



まずご紹介するのは・・・11月に結婚式を控えている剛志さん&香恵さんカップル。

式の約半年前である5月に「結納」を執り行われました。『両家が親族となる結びの儀式として、結納をきちんと行いたい』という剛志さんのご両親の希望を受け、結納に決められたそうです。

CIMG1202.JPG

CIMG1201.JPG場所は香恵さんの高知県のご実家で行われました。

服装は剛志さんはスーツ、香恵さんはワンピース、ご両親はそれぞれスーツです。

CIMG1198.JPG

結納品は松竹梅と鶴(のし)、亀(末広)、婚約指輪、高砂人形の7品です。松竹梅が1つになったコンパクトな結納セットを選ばれました。

剛志さん&香恵さんからは「結納をきちんと行うことで、親族のつながりを感じ、気持ちの区切りがついた。」という感想をお聞かせ下さいました。特に彼は、新しく家族を持つという責任感を感じられたのではないでしょうか。

 

 

新しいイメージ.JPG続いてご紹介するのは・・・10月に結婚式を控えている悠介さん&亜美さんカップル。

お二人は「顔合わせ食事会」を選ばれました。「形式にはこだわらないし、結納をしたらお返しに困るので・・・」という亜美さん側のご希望により3月に顔合わせが行われました。

 顔合わせ食事会の場所に選ばれたのは、結婚式会場であるオーベルジュ・ドゥ・オオイシ(高松市屋島西町)。下見と試食を兼ねてオーベルジュ・ドゥ・オオイシに決められました。

食事会にはそれぞれの妹さんも同席し、会話が弾み楽しい時間が過ごせたようです。

 

 

「結納」「顔合わせ食事会」それぞれ選ばれたカップルをご紹介しましたが、どちらを選ばれるかは、ご両家でよく話し合い、ご両家が納得するスタイルを相談されることが一番大切なんですね!

 


関連タグ:花嫁支度 風習しきたり 花嫁ギモン ウエディングフレンズONAIR

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE