ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  ウエディングギャラリー: 挙式会場  >  挙式:神前式  披露宴:シーサイド・ウエディング (香川県内某海水浴場)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

挙式:神前式  披露宴:シーサイド・ウエディング (香川県内某海水浴場)

夏の海水浴シーズンも終わり、
海水浴場がオフシーズンに入った初秋のある日。

香川県にある某浜辺(海水浴場)を使って、
「シーサイド・ウエディング」をプロデュースしました。

新郎新婦である、ナオキさんとヒロミさんが
この場所をウエディングパーティー会場にしたかった理由は、
3つ。

1つは、
二人がこの町で育ったから。
海のきれいなこの町に育てられたから。

もう1つは、
ナオキさんとヒロミさんが『世界一キレイ!』だと絶賛する
この浜辺の夕日を
ゲストみんなに見せたいから。

そしてもう1つは、
その夕日をバックに、
二人の永遠を誓いたいから。


・・・かくして、
香川県のある町の浜辺(海水浴場)を使った
「シーサイド・ウエディング」のプロジェクトがスタートしました。

まずは、
海水浴場を所有する町に、
海水浴場の使用許可を申請するところから始まりました。
海水浴場での結婚式の前例などあるわけもなく、
も、驚愕の様子でした。

オリジナリティが高ければ高いほど、
「オリジナルウエディング」はそう簡単には進みません。
!(^^)!


「シーサイド・ウエディング」のプロジェクトがスタートしてすぐに
その他の課題(?)、いやご要望も挙がってきました。

☆新郎のお父様より
「シーサイド ウエディングは反対しないが、
挙式は氏神さんの神社で行ってほしい」

☆新郎の祖父母様より
「ご先祖様にもご報告を。
仏様参り(※1)と同業(同行 どうぎょう)(※2)
だけはきちんとしてほしい」

☆新婦のお母様より
「花嫁支度は、自宅でしてほしい。
ご近所さんにも花嫁さんの出立ち(※3)を見せてあげてほしい」

☆仲人様より
「この町には誇れる文化がある。
地元の太鼓を呼ばないか?!」

・・・。

皆さんのご意向は、
新郎新婦ナオキさんとヒロミさんを大切に思うがゆえのこと。

「フェアリー・テイルが、
どのご要望もすべて叶えましょう!!」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



ヒロミさんのお母様のご要望通り、
ご自宅で花嫁支度をととのえました。
ご近所の皆さんにも見守れながら、長年お世話になったご自宅を後にします。


yt自宅出発.jpg

自宅を後にする花嫁を見送るお父様の視線が寂しそうですね。
娘の幸せな門出の朝とは言え、父の心境は複雑です。


yt同業.jpg

同業(同行 どうぎょう)へのご挨拶。
同業(同行 どうぎょう)では色打掛をお召しになって。
花嫁を挟んで両脇に新郎のお母様、新婦のお母様。


yt仏様参り.jpg

仏様参りを終えて、いよいよナオキさんとヒロミさんは
挙式に出発です。挙式に向けて白無垢にお色直ししました。


yt挙式三々九度.jpg

ナオキさんのお父様のご希望で、ナオキさんの育った町の氏神さんで
神前式。
非常に厳粛な挙式です。


yt挙式巫女.jpg

巫女さんによる「祝の舞」です。
本物の神社ならではです。
儀式では伝統的な地域文化も大切にしたいですね。


yt挙式前.jpg

神前挙式後、お仲人さんにエスコートされて、ご近所の皆様にご挨拶。
挙式後は、花嫁は「あなたの色に染まりました」と意味で
色打掛にお色直しをしています。



地元の二人が結婚するとあって町を挙げて祝賀ムードとなりました。
お仲人さんが勧めた町が誇る文化、竜翔太鼓の皆さんがお祝いに
駆けつけてくださりました。


yt人力車.jpg

挙式会場から「シーサイド ウエディング」の会場となる海水浴場までは
人力車で町を練ることにしました。
沿道には町の皆さんが、幸せな二人を一目見ようと集まってくださりました。

昭和の日本にはこういう光景があったんですよね。
町の誰かが結婚するとなると、町を挙げて祝ってあげる・・・。

近年は、専門式場やホテルでの結婚式が多くなって
結婚式が『文化』や『儀式』でなくなってしまったのは
さみしいことです。

幼い子どもたちも、日常的に『儀式』や『文化』に触れる・・・。
そういう地域コミュニティーが実はとても大切なんですよね。



yt会場全体日中.jpg

いよいよ海水浴場での「シーサイド ウエディング」です。

朝のうち降っていた雨も、披露宴が開宴する頃には
止みました。

実は・・・。
この会場の設営中に、どしゃ降り雨が2回あって、3回会場を設営しなおしました。
なんとか、なんとか、お客様の到着までに設営が間に合いました。


yt海水浴場.jpg

海水浴場と言わなければ、分からない???
この結婚式の会場が本当に海水浴場だという証拠です。


yt食卓囲む.jpg

一般的な(?)結婚式と様相が異なる「シーサイド ウエディング」に
初めは面食らっていらっしゃったご年配のゲストの皆様も
存分に楽しんでくださりました。


ytテーブル装花.jpg

野外の大型の特設会場でも、細やかな配慮は欠かしません。
フェアリー・テイルの得意分野のひとつ、テーブルコーディネイトです。
「太陽と海」がテーマ、燦々と輝く太陽のごとく
オレンジのフラワーコーディネイトです。


ytルーヴ.jpg

特設会場でも料理もこだわります。
TVチャンピオン、香川を代表するパティシエさんによる
デザートビュッフェコーナーは大盛況でした。


ytウエディングケーキ入刀 (2).jpgytウエディングケーキ入刀 (1).jpg

パティシエ自らの手によって、
ウエディングケーキの最上段に
ウエディングテーマの「太陽」が据えられ、ウエディングケーキの完成です!!


yt鳩.jpg

いよいよ「シーサイド ウエディング」のクライマックスです。
幸せを運ぶ鳩・・・。


yt鳩飛ばし.jpg

「二人の永遠」を誓って、大空いっぱいに鳩が、舞っていきます~~~(^o^)丿
「シーサイド ウエディング」ならではのプランニングですね(^_-)


yt夕暮れ.jpg

この「シーサイド ウエディング」のプロジェクトを始動することになった
理由のひとつ。
ナオキさんとヒロミさんが『世界一キレイ!』だと絶賛する
「この浜辺の夕日をゲストみんなに見せた~い。」
ついに・・・叶いましたね(^_-)


yt会場イメージ夜.jpg

日も落ちて結婚式会場となった海水浴場にも
夜がやってきました。

お客様をお見送りする頃にはキャンドルを灯して
キャンドルウエディングとしての一面も見せた
「シーサイド ウエディング」。


yt会場全体夜.jpg

いよいよお開きです。
あっという間の一日でした。

********* ぜ~んぶ 叶いましたね! ********

☆新郎のお父様より
「シーサイド ウエディングは反対しないが、
挙式は氏神さんの神社で行ってほしい」

☆新郎の祖父母様より
「ご先祖様にもご報告を。
仏様参り(※1)業(同行 どうぎょう)(※2)
だけはきちんとしてほしい」

☆新婦のお母様より
「花嫁支度は、自宅でしてほしい。
ご近所さんにも花嫁さんの出立ち(※3)を見せてあげてほしい」

☆仲人様より
「この町には誇れる文化がある。
地元の太鼓を呼ばないか?!」

以上、すべて実現できました。


そして、
ナオキさんとヒロミさんの『想い』

二人が育った海のきれいなこの町での
結婚式。

『世界一キレイ!』なこの浜辺の夕日を
ゲストみんなに見せる、
結婚式。

『世界一キレイ!』な夕日をバックに、
二人の永遠を誓う、
結婚式。

ぜ~んぶ
「シーサイド ウエディング」で
叶えられました。

*****************************

※ 
文中の※印は、讃岐に伝わる婚礼行事の風習です。
詳細は、後日改めてお伝えしたいと思います。

お断り)
この「シーサイド ウエディング」のプロジェクトは
海水浴場を所有する町(香川県内)にご迷惑にならないように
敢えて町名、海水浴場名は公開させていただいておりません。
悪しからず、お許しください。

関連タグ:ふるさとウエディング 現場レポート プロデュース裏話 花嫁支度 風習しきたり その他 神前式 スペシャルスペース ガーデン 大規模婚

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE