ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  10年待った結婚。10日で結婚式させていただきました。

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

10年待った結婚。10日で結婚式させていただきました。

「結婚式は、

100組のカップルがいれば、100通り。

カップルの数だけ、ストーリーがある。」

とよく言われるが、

そんな薄っぺらい表現では足りないっ!!

 

結婚式は、

そのカップルの二人の"人となり"、

二人の"生き様"が映されている

感じることすらあります。

 

つい先日のこと。

結婚式前日の最終確認打ち合わせの段階で、

すでに花嫁さんと大泣きしてしましました、私。

 

それほど、

『今日』を迎えていただけることに幸せを感じた

結婚式でした。

 

花嫁さんは43歳、ご長男が高校生。

お子さんが小さい頃から、お二人で生活されていました。

お仕事では責任あるポストに就いていらっしゃるため、

子育てと仕事・・そして毎日の生活、

それはそれは大変だったと思います。

 

今回結婚相手となった彼は、同じ職場の後輩。

実は、彼女本人は知りませんでしたが、

彼女の頑張りを陰ながらずっと一途に見守っていたそうです。

 

一方で、縁談があってもなかなか気乗りのしない彼。

息子の行く末を心配したご両親が、

ある時、真剣に尋ねたところ、

彼は、ご両親にこう答えたそうです。

「好きな人がいる。とても"一生懸命"に生きているひと。

何事にも"一生懸命"ゆえに、よそ見はしない。

だから、僕の気持ちには気づいてもらえないようだ。」と。

 

「それじゃ、うちに連れて来ればいい。

お子さんも一緒にご飯でも食べに来ればいい。

うちにも孫がおるから皆で遊んだらいい(^^)v」

と彼のご両親もおっしゃいました。

 

彼女は真剣に誘ってくださる彼に申し訳ないと、

一旦は、招待を受け入れ、彼のご実家に行くことを決めます。

ただ、心の中では

「私なんて・・・滅相もない。

一度お会いしてご両親にも丁重にお断りをしよう。

きっと、ご両親だって会えば、

私を嫌がるかもしれない」

そんなことを思いながら、ご長男も連れて彼の実家に

出向いたそうです。

 

なんと幸福なことに・・・、

彼女の思いは叶いませんでした。

彼のご両親やご家族は、もろ手を挙げて、彼女とご長男を

大歓迎☆☆!!!

 

ますます・・・!彼と彼のご両親は、彼女と彼女のご長男を

家族として迎えることを希望します。

 

相当、彼女は悩みました。

やはり一番大事にしたいのは、

「自分が育てる」と決めたご長男の気持ち。

 

数年後、彼がご長男の勉強相手になる機会がありました。

それから、なんとなく3人の行動が増えたそうです。

 

「それが、流れだったんだと思います」

今だからこそ彼女は仰ります。

 

******************

 

いよいよ・・・かたまってきました。

「さあ!結婚式どうしましょ?」

7月末、突然、彼のお母様からご連絡いただきました。

 

お母様)

「お盆までに・・・8月10日に結婚式。

 結婚式がしたいんじゃけど

 どこに行っても出来ん、って言われて・・・。」

 

フジタ)

「ご事情がありますね?」

 

お母様)

「待ち望んだお嫁さんが、息子さん連れて

 うちの家族になってくれるって。

 だから、早い方がええ、お盆に仏さんが帰ってくるまでに。」

 

フジタ)

「わかりました☆ どうにかします!(^^)!」

 

******************

7月30日からスタートした!!

『10年待った結婚式』プロジェクト!

 

打ち合わせ2日、

プランニング2日間、

アイテム手配に3日間、

フェアリー・テイルの社内は、大騒動!!(笑)

スタッフ皆、休日返上で、

ネットワークさんとの交渉に奮闘しました(笑)

 

******************

 

10日間で仕込んだ結婚式、準備万端!!

ところが・・・前日に台風到来~~~。

だけどね!!(^_-)☆ 

ここからですよ~!!♪

 

結婚式は、

カップルの二人の"人となり"

二人の"生き様"が映されていると

改めて・・・感じた瞬間。

 

翌朝に備えて結婚式会場の近くまで移動をお勧めし、

二人が住む小豆島を離れていただいた直後!!

ナント! フェリーを含む公共交通機関がストップ。

前日のうちに無事に会場近くに到着、

久しぶりに親族が一晩集えました☆

 

「挙式会場の神社と披露宴会場の移動、

 台風の中では、とても大変だろう・・・。

 披露宴会場に、挙式場が作れないか?」

私たちが披露宴会場に交渉を始めると、

ナント! 台風でほかの宴会がキャンセルになったと。

「会場が空いたので、使ってください」と☆

 

出雲大社高松分祠の宮司さんにも

「お社、ご神体の出張お願いできませんか?」

と交渉すると。

ナント!

「当初は、スケジュールが埋まっていたけど、

 台風で予定がなくなったから、

 出張しますよ、いいですよ(^_-)。

 小降りの前日のうちに

 荷物を運びましょう!!」と☆

 

急に結婚式の日程が決まったので、

夏休みの予定が入っていた親族の子どもたち。

ナント!

「台風で部活もなくなった、

 みんなで朝から出席できるよ!」と。

従兄弟同士が大勢集合できました☆

 

他にもね・・・。

まだまだ・・・じつはここには書けない、

たくさんの☆幸せ☆が重なりました!!

 

******************

 

これは偶然?単なるラッキー?

いやいや違います。

 

お二人の"人となり"というか、

目の前にある現実に対する"気構え"

とでも、言うべきでしょうか?

 

 

花嫁さんがよい事をおっしゃりました、

「子どもの頃から、母から

 『自分で生きてるんじゃない、

 生かされている、って思いなさい。』

 って言われてきたんです。

 しんどくても、悪い事態が起こっても

 その時、その瞬間に、生きる意味がある

 って思っているんです!」

 

******************

 

そして!台風直撃の8月10日。

彼と、彼女とご長男が家族になりました。


記念写真撮影

当初は、

「花嫁衣裳なんて、とんでもない(@_@;)!!

 ワタシ・・・。43歳ですよ~!!

 高校生のお母さんですよ~(@_@;)。

 息子が気持ち悪がるから、衣装は着ません。」

って言っていた彼女。

私の強引な勧めで衣装屋さんに出向いてもらいました。

「彼のね、彼のお母さんが

 『この白い振袖があなたらしい、イイ♪』

って選んでくれました(*^_^*)」


花嫁衣装

「高校生のお母さんが花嫁」

とても素敵なお話でしょ?

43歳、いやいや・・・とても美し~い、キュートです!!


花嫁

ほらね!!・・・

【☆フェアリー・テイル マジック☆】

かかった~!!

 

もはや、

「バツイチ婚」なんて言わせない、

いまや、

「〇(マル)ニ婚」です!!

 

~10年待った結婚。

10日で結婚式プランニングさせていただきました。~


関連タグ:現場レポート プロデュース裏話 花嫁支度 料亭ウエディング 家族婚・少人数婚

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE