ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  記聞(気分)「働く40代女性」 ~子どもの感性から学ぶ~

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

記聞(気分)「働く40代女性」 ~子どもの感性から学ぶ~

昨日は、子ども達の参観日でした。

"働く女性"にとって、子育てに費やす時間を捻出することは

相当大変なものです。

一見、自由業に見える、私のような経営者でも(笑)、

一瞬でも自分が仕事を離れてしまう不安や、

自分の代わりにスタッフメンバーへ負担がかかってしまうことを

考えると、なかなか、日中に

子育てに時間を費やすことを躊躇してしまうものです。

そうは言うものの、うちのスタッフメンバーは、

主婦さんが多いので、「お互い様」と言いながら、

私もワガママさせてもらいながら、なるべく参観日や

学校の役員行事にも出向くようにしています。

 

※「働く女性」の課題や悩みについては、

  またの機会に詳しく述べますね。

 

******************

 

今回は、参観日の夜、長男との会話のご報告です。

 

【 私 】

「〇〇くんって、手を挙げるとき、

 『ハイ!ハイ!先生あてて~』とかって、ずっと喋っているね。

 ちょっと賑やかね~(^_^;)。。。(少々、苦言です)」

 

【 長男 】

「ママ、それはチガウよ!!

 〇〇くんは、楽しいことが好きなんよ~!(^^)!

 参観日でみんなが緊張しているから盛り上げようとしているんよ。

 良いようにとってあげんと!!」

 

~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:

 

私は、一瞬、ハッとさせられました。

ああ、子どもに教えられました。

そうか☆、何事も見方ってとても大事です、

最初から「イヤだな~」って思っていたら、イヤなことしか見えません。

「心の目で見えるもの」も、見えなくなりますね。

孔子のことばにもあるように、むしろ

「見えないものを見る目を身に着けることが大事ですね。

 

******************

 

そのあとの続き、もう一つのエピソードです。

【 長男 】

「それより、ママ!!

 〇〇先生(担任の先生)って、☆すごい☆やろ?!!

 〇〇くんが発表の時、『忘れました(^_^;)』って言ったら

 『オイ! 忘れたんかい?!(笑)』

 って笑いながら突っ込みしてくれるし・・・(*^_^*)

 〇〇さんが、間違った答えを言っても、

 わーくん(長男は自分のことをこう呼びます)は、

 『間違っとるな~』と思ったんやけど、

 先生は、うまくまとめた☆!!(^^)v

 なっ!〇〇先生って、☆すごい☆やろ?(^^)v」

 

【 私 】

「そうやね~!!スゴイ☆!!

 〇〇先生は、子どもたちが大好きなんよ~。

 クラス全員が大好きなんよ~(*^_^*)」

 

【 長男 】

「そうなん☆

 わーくんは、そんな先生になりたいんよ(#^.^#)」

 

【 私 】

「そんなって? どんな? どんな先生?」

 

【 長男 】

子どもたちが大好きな先生☆

 頭の良い子だけをかわいがるんじゃなくて

 子どもたちみんな好きな先生☆

 わーくんは、やっぱり先生になりたいんよ~(^_-)☆」

 

~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:

 

私は、思わず涙が出そうになりました。

子どもの感性は、真っ直ぐです。

「忘れました!」って言ったお友だちのことも、

間違った答えを発表したお友だちのことも、

みんなみんな受け入れてくれた先生を、

スゴイ☆って思う、子どもの真っ白な感性。

そして、「僕もなりたい」って素直に

ロールモデルを作ってしまう感性。

大人も、勿論、素晴らしいことだって

頭ではわかっているけど、

そのまま、ポンっと口にだせないものです。

 

大人になると、今までの経験や周囲の環境から

独自の価値観が形成され、

自身の価値観で、目の前の事実を評価しています。

経験や環境は、オールマイティではないはずなのに、

大人は、自分の価値観を絶対値だと勘違いしていることが

多いものです。

責任も増す一方、仕事が面白くなり、

自分の価値観がすべて完璧って、

勘違いし始める40代。(←読者の皆様でなく、私です(^_^;)。。。)

ちょっと立ち止まって、

真っ白な感性で、物事を見てみたいと思いました。

 

******************


↑先日行われた、ロータリークラブのクリスマス忘年会。

 当日朝、いきなり長男くん

 「ヴァイオリン、持っていこうか? 

  ジングルベル弾こうか?」って(@_@;)

 キミ!!(ー_ー)!! 

 普段は、私に叱られながらヴァイオリンの練習してるじゃないか?!



↑「おばあちゃんとカラオケに行ったら僕だけ97点。

 歌だ~い好き!」

 って(-"-)・・・そりゃわかるけど。

 オペラ歌手の先生のステージに飛び入りしたら、

 イカンわな~(ー_ー)!!

 


関連タグ:記聞(気分) 社長として 母として

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE