ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  ある花嫁様から頂いたお手紙のご紹介

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

ある花嫁様から頂いたお手紙のご紹介


結婚式の予算を考える際、結婚式を控えたお客様が、まだ見ぬモノ、目の前にカタチのないモノに高額な費用が発生することに、躊躇するのも当然のことだと思います。

******************

ある花嫁様からこのようなお手紙をいただきました。
フェアリー・テイルのプロデュースにて、栗林公園で結婚式を挙げられた方です。
大変僭越ながら、ご紹介させていただきます。

******************

~前略~

大阪から香川まで打ち合わせに行くのが、初めは大変でしたが、
藤田さんの人柄に引き込まれて、毎回、ホントに楽しみながら、
打ち合わせができ、結婚式の日を迎えることが出来ました。
小さなことまで細かく聞いてくださり、私たちの思いを全て
受け入れ実現させてくださりました。

私たち二人が出会ったのが善通寺。学生生活での三年間、
ずっと彼と一緒でしたが、私はどうしても香川が好きになれずだったので、
まさか結婚式を香川でするなんてという思いが、最初はありました。
今は、香川で式をしてよかったって心から思っています。
藤田さんにであい、フェアリー・テイルのスタッフの皆さんに出会いました。
何より招待した方々みなさん声をそろえて“良かったよ~”と
喜んでくださりました。
「あんな結婚式初めて、最高♡」
「両家のご両親が招待客に遠慮して小さくなることなく本当に喜んではったわ。
 祝ってもらうスタイルじゃなくて、新郎新婦が今までお世話になった方々に
 感謝の気持ちを伝える式でホントに良かった」
「こんな結婚式が私もした~い♡」といっぱいウレシイ感想をいただきました。

~中略~

「二人のことをよく知らない会社の上司のなが~いスピーチもなく、
 誰もきいていないだろう結婚式の余興の歌もなく、ホンマに良かったわ」との
コメントもいただきました。
和気あいあいと和やかなムードの披露宴だったとのこと、
みなさんの感想をきいて、うれしくなりました。

ちょっと・・・予算オーバーににはなりましたが、
着物もドレスもブーケも、お料理も、何ひとつ妥協することなく
全て私たちの思いを形にしてくださったことに感謝しかありません。

藤田さんに出会ってなかったら、フェアリー・テイルの皆さんと一緒じゃなかったら
こんなステキな結婚式できなかったな~って思います。

~後略~

******************

お客様のお手紙を公開するなんて、とても僭越なことですが、
今、真剣に結婚式を考えていらっしゃる方に、
ぜひともご参考にしていただきたいと思い、公開に踏み切りました。

最初は、
「大阪から香川に打ち合わせに来る経費すら惜しい」と
思っていらっしゃった花嫁さんが、
「最終的には予算オーバーになったけど」と言いながらも、
ゲストに「あんな結婚式初めて、最高♡」と、
とてもよろこんでいただき、
結果、「妥協しなくてよかった」と安堵していらっしゃる
心境の変化をお伝えしたいと思ったからです。

******************

結婚式の予算は、結婚を控えたカップルにとって、
結婚式を検討、決定する際の大きなポイントであることは言うまでもありません。

それゆえに、お客様の大切な費用を頂戴する立場の私たちとして、
「たった、ひとつの感動のために。
ひとり、ひとりの感動のために。」
お客様の心のなかにある想い出やエピソードを丁寧にお聴きして、思いをカタチに映し、世界でたったひとつの感動のウエディングをプロデュースすることを使命(ミッション)にしています。


関連タグ:花嫁ギモン プロデューサーポリシー プロデュース裏話

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE