ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  「鏡開き」を素敵な演出に仕上げるコツ(その1)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

「鏡開き」を素敵な演出に仕上げるコツ(その1)

「鏡開き」は、結婚披露宴をはじめ、
企業や団体の創業記念パーティーなど、様々な慶びの御席を
一層おめでたいムードに盛り上げる効果バツグンです。

特に、結婚披露宴では、
ウエディングドレス&タキシードの洋装では
「ケーキ入刀」、和装では「鏡開き」。

新郎新婦おふたりの仲睦まじい姿を表現する
華やかな演出です。

豪快に鏡を開いた後は、
ゲスト全員が一つの樽酒を酌み交わすという一体感も、
結婚披露宴の演出には打ってつけです。

1.誰が鏡を開くか?

「新郎新婦ふたりで行う? 
それともどなたかに参加してもらう?」

○新郎新婦ふたりで行う

ふたりで開く場合は、
ツーショット写真撮影の絶好のチャンス!!

高砂(メインテーブル)では緊張した表情のおふたりも、
樽酒を前に緊張がほぐれます。



○新郎新婦+ご両家ご両親で行う

ご両家のご両親を交えて
6名で豪快に行うのはいかがでしょう?!

ご両家の「絆」をカタチにする瞬間です!!



○新郎新婦+ご友人

二人が結婚するきっかけをつくってくれたキューピットや、
それぞれの親友などを指名してもよいかもしれません。

指名するお相手には当日まで告知せずに、
当日の「サプライズ」としても?!

鏡開きを体験したことのないご友人は、
さぞかし驚かれること間違いなし!


この結婚披露宴では、
外国からのご友人に鏡開きを指名しました。

日本の伝統文化を体験する良い機会になったようです!



○新郎新婦+etc…

「大好きなおじいちゃんとおばあちゃんにも
何か出番を用意してあげたいんですが・・・。

でもスピーチなんて負担をかけるし・・・」と
花嫁さんからご相談がありました。


香川県の結婚式で鏡開きをおこなう新郎新婦とおじいちゃんとおばあちゃん

鏡開きならば、おじいちゃんとおばあちゃんにも
ご負担なく参加いただけますね。

新郎新婦との記念写真も華やかに撮影できました。


2.どこで行う?


「鏡開きを設置する場所は、どこにしましょう?」

○高砂(メインテーブル)横


通常は、会場前方の
高砂(メインテーブル)横に設置します。


○青空の下、ガーデンはいかがでしょうか?

栗林公園 商工奨励館“讃岐迎賓館”の
バンケットホールには、プライベートガーデンがあります。

鏡開きの準備が整ったら、
プライベートガーデンにゲストを誘導します。

プライベートガーデン側のカーテンを
閉めてありましたので、
ガーデンにこんな演出が用意されているとは
想像もされていなくて、サプライズです!!


青空の下、解放感あるガーデンでの鏡開き。

栗林公園のプライベートガーデン、
木々の緑、芝生の緑に鏡開きが映えますね!!



3.鏡を開いたそのあとは?


もちろん、ゲスト全員が
一つの樽酒を酌み交わすという一体感は最高です!!

「もうひと工夫の演出はいかがですか?」


樽酒は、是非とも、新郎新婦さらには
ご一緒に鏡を開いてくださったゲストから、
サーブしてみたいですね。

より一層“おもてなし感”が増します。

4.「鏡開き」とは?

樽酒のふたをお鏡に見立て、「鏡」と言います。

そのふた(お鏡)を割り開ける「鏡割り」の儀式を、
結婚披露宴のようなおめでたい御席では、
「割る」と言わずに、「開く」という言葉を使います。

「鏡を開く」・・・

人生の門出である結婚披露宴では、
「今後の行く末に幸多いことを願う」、
「縁起の良い」演出です。


皆さんよくご存知の「鏡開き」ですが、
「誰と行うか?」「どこで行うか?」「もう一工夫」
を考えることで、より一層華やかに、
そしておもてなし感も増します。

更に、オリジナリティあふれる鏡開きにできるコツは、

【「鏡開き」を素敵な演出に仕上げるコツ(その2)】でご案内します!!


関連タグ:Attraction おもてなし Food 現場レポート

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE