ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  フェアリー・マジック「かゆいと気づいていないところにも手を届ける」

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

フェアリー・マジック「かゆいと気づいていないところにも手を届ける」


******************

お客様から、このような質問を受けることがあります。

「美容師さんはヘアメイクをしてくれる、
カメラマンは撮影してくれるから、
技術料が発生するのは理解できるけど、
ブライダルプロデューサーは何をしてくれるんですか?」

「なかなか言葉になりにくいお客様の想いをとことんヒアリングし、
その想いを、各プロジェクトに関わるすべてのアーティストの技術や
ネットワークの商品に反映させ、カタチにしています。」


とお答えしているんですが、
まだ、フェアリー・テイルのプロデュースサービスを
受けていない方にとっては、
抽象的で、分かりにくいですかね?!

今回は、ちょっと違った視点から「プロデュース」をご説明したいと思います。
プロデューサー藤田が、普段、どんな事象に出会い、
どんなことに気づき、なにをプロデュースのヒントにしているのか、
THE「ネタバレ」です。
(※ちょっと面倒ですが、PDFを開いてみてください!!)

【プロデューサー藤田徳子の体験談】


ある日の夕方、仕事帰りに立ち寄ったスーパーの食料品売り場での出来事[PDF:1.1MB]

※画像クリックでPDFファイル [1.1MB 全6ページ] が開きます。



上の体験談を例に、結婚式やパーティーなどに置き換えてみますと、

「販売側」は、結婚式やパーティーの主催者。
「お客様」は、結婚式やパーティーの出席者。

「プロデュース」を行うことで、
どちらにも「LUCKY」や「HAPPY」があり、
それぞれに予定(想像)以上の効果がもたらされていますね。


藤田が行う「プロデュース」は、

「かゆいところに手が届く」のではなくて、
「かゆいと気づいていないところにも手を届ける」ことなのです。

******************

【実際にプロデュースをさせていただいただいたお客様の声】

「ゲストにも、主催した私たちにも、両方に満足感があった」

「フワっとした私たちの意見、アイデアもヒアリングと事例をうまく使われ、
私たちビックリするようなアイデアに変えていただけた」

「何気ない一言などを拾い上げ、つなぎ合わせ、
藤田さんのエッセンスを入れて提案してくれる」

******************

実は!プロデュースのヒントは、みなさんの身近な生活にも存在しています。
「かゆいと気づいていないところにも手を届ける」
これこそ、「フェアリー・テイル マジック」・・・ブライダルプロデュース


関連タグ:プロデューサーポリシー プロデュース裏話

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE