ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  『国際結婚』はお互いの文化を認め合うことなのかな?~栗林公園で初☆の『国際結婚式』!~

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

『国際結婚』はお互いの文化を認め合うことなのかな?~栗林公園で初☆の『国際結婚式』!~

「今年の11月に香川で結婚式を挙げる予定です。

 今私たちが住んでいるのはオーストラリアなので、

 来店するのはなかなか難しいのですが・・・。

 私の実家は丸亀ですが、以前彼が高松に住んでいたので、

 ぜひ高松で結婚式を挙げたいと思っています。


 オーストラリアから彼の家族がかなり来てくださるようで、

 日本風の結婚式の方がいいのではないかなと思っています。

 彼のお父さんはイギリス人、お母さんはオーストラリア人ですが、

 『花子は日本人だから、古典的な日本の結婚式をしたら?』

 と言ってくれています。

 もし和装結婚式であればどこがいいのかしらとも考えています。

 

  まったく決まってはいないのですが、もしよろしければ

 お返事くださると嬉しいです。」

 


お正月ムードの冷めやまなぬ今年の初め。

オーストラリアからお問い合わせいただいた花子さん。

お二人の出会いは、花子さんが香川県で高校教師をしている頃、

BenさんがJET programmeで、英語の先生として来日されていました。


このお問い合わせの後、お二人の漠然としたご要望を

うかがうべく、メールを繰り返し、

その後フェアリー・テイルから数種のプランをご提案させていただきました。


そして・・・いよいよ打ち合わせのための来日。

日本のゴールデンウイークにあたる時期に、

会場見学やウエディングメニューの試食、衣装選びなどのために

来日くださりました。


******************


5月1日()】 晴れ

10:00~ 挙式会場見学 【栗林公園 掬月亭】

     ※東門入園口で、お二人と待ち合わせしました。

      私は年間パスポートを持っていますので、

      見学の際のお二人の入園料も不要です(^_-)

     ※入園口~挙式会場となる掬月亭までの導線の確認、

      掬月亭・控室・お客様待合室などをご案内させていただきます。

IMG_4462.jpg

栗林公園内でたまたま・・・古川所長を発見!!


IMG_4465.jpg

所長が直々に英語ガイドツアーをしてくださりました。


IMG_4464.jpg

栗林公園内に茶園があるってご存知でしたか?

県内最古の茶園なのです。

5月1日、八十八夜を迎える香り高い新茶が出始める頃に、

栗林公園内の百花園(薬園)跡の茶園で、

茶摘み体験会が催されていていました。

※この茶園の初代園長(頭取というそうですが)は、

 ナント!平賀源内さんだったのです☆


IMG_4471.jpg

いよいよ、結婚式の挙式会場となる【掬月亭】にご案内します。


IMG_4474.jpg

【栗林公園 掬月亭】は、藩主がこよなく愛した場所とされる大茶室です。

ご入館には、お茶券をご購入いただくことになっています。

八十八夜の茶摘みの後は、お抹茶とお菓子を楽しみにながら、

挙式当日の様子を、フェアリー・テイル 藤田よりご説明しました。


IMG_4470.jpg

湖面に映る美しい緑を眺めながら

「11月の結婚式当日は、きっとこれが紅いんだろうね・・・」と

花子さんの母国の日本の文化を愛でてくださるBenさん。

私、藤田はいつも

「結婚は互いのアイデンティティを尊重しあうこと」とお伝えしておりますが、

殊更、国際結婚となると、個人のアイデンティティはもちろん、

互いの母国の文化を認め合うこともとても重要なことなのですね(^_-)☆


IMG_4480.jpg

「純和風ならば、神道の神前式がいいね・・・」。

「お母さん、敬虔なクリスチャンだけど・・・神道でも大丈夫?」

と花子さんが彼の家族気遣います。

【栗林公園 掬月亭】をお二人の出発の場所として確信されたお二人でした。


******************


オーストラリアから、結婚式の打ち合わせのために来日してくださったお二人。

今回の来日では、おばあ様の一周忌のご法要もあって結婚式の準備ばかりに

時間は使えません。

モチロン、久しぶりの来日、ご帰郷ですから、懐かしいお友達との再会も

楽しみになさっていました。

そこで、効率よく、結婚式のダンドリを組ませていただきました。


******************


栗林公園の見学の後は、

12:00~ 中村孝明TAKAMATSUへ移動

     ※結婚式当日に実際に使用する経路をたどってみます。

      

12:30~ 【お二人だけの試食会】  中村孝明TAKAMATSU

     ※ご試食を開始する前に、サンポートビル内の導線および

      控室などもご案内させていただきました。

     ※フェアリー・テイル 試食会特別プラン

      7,000円(税サ別)相当の婚礼コース料理を

      30OFF4,900/人(税サ別)にてご提供いたします。

      苦手な食材、アレルギー等の対応も可能です。

      

      【  試食会の様子について その1  】

      

      【  試食会の様子について その2  】

        

15:00~ 【ファーストカウンセリング】  フェアリー・テイル サロンにて

     ◆フェアリー・テイルの

   「ファーストカウンセリング」とは・・・?

   お二人のご要望をお聞かせいただき、

   私どもからはプランのご提案、

   またプランニングの流れをご説明させていただきます。

   大きなテーマ、大まかな当日の流れ、大まかな予算配分

   などをご相談させていただきます。

   ※結婚式に直接関係なさそうだな~と思われることも

    お尋ねすることがあります。

    ブライダルプロデューサー藤田徳子は、

    お二人の"立場"になって

    プランのご提示をさせていただきたいと

    思っています。


17:30~  【衣装合わせ】 フェアリー・テイル提携衣装店①にて

     

   

【5月2日(水)】 晴れ

10:00~ 【衣装合わせ】 フェアリー・テイル提携衣装店②にて

     

14:00~ 【セカンドカウンセリング】 フェアリーテイル サロンにて

    ・衣装店の衣装のご感想などをお聞かせ頂きました。

    ・前日の内容をもう少し具体的にお話を進めました。

      大まかな出席者数 

      席順決め(テーブルレイアウト)

      大まかな当日のスケジュール(進行内容も含めて)

      写真内容(ブライダルフォトの仕様も含めて)

      会場装花 ウエディングブーケ

      引き出物 

      料理メニューや単価の確認

     などなどのご相談を承りました。

     

18:00~ ご決定の衣装店へ小物合わせに


【5月4日(木)】 晴れ

10:00~ 【ヘアメイクリハーサル】 フェアリー・テイル提携美容室にて 

       フェアリー・テイルのヘアメイクリハーサルは、

      花嫁さんの御希望をカウンセリングしたうえで、

      本番さながらに、34時間かけて行います。

 

14:00~  フェアリー・テイルにて打ち合わせ

       ・ご検討アイテムの洗い出し 

       ・今後のスケジュール

     などなど、打ち合わせさせていただきました。

 


 ******************


それから、半年・・・。

オーストラリアと日本の香川県。

スカイプとメールでの打合せを行い、当日を迎えました。

Img134.jpg


Img232.jpg

身長も高く、姿勢の良いBenさんは、

着付けを担当したヘアメイクさんから

「道をわきまえていらっしゃる武士のように

 背筋が伸びていて日本人より着せやすい」と絶賛でした。


Img239.jpg

Img337.jpg

Img273.jpg

この日のためにオーストラリアから来日くださったご家族も

厳粛な日本の神道による結婚式に興味深く参列くださりました。


******************


イギリス人の彼のお父さん、オーストラリア人のお母さん。

花子さんは日本人。

 『花子は日本人だから、古典的な日本の結婚式をしたら?』

という一言からスタートしたブライダルプロデュース。

結婚は、お互いのアイデンティティを尊重し、ぶつけ合い

『二人』というアイデンティティを創出すること。

ならば・・・国際結婚の場合は、

お互いの文化を尊重し合い

『二人』の新たな文化を次の時代に繋げることなのかな・・・。


そう感じたステキな結婚式でした。



関連タグ:ふるさとウエディング 現場レポート プロデュース裏話 アートと歴史 園婚 神前式

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE