ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  出雲大社のヒミツ ~パワーアップされた縁結びの神様 大国主大神~

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

出雲大社のヒミツ ~パワーアップされた縁結びの神様 大国主大神~

2014年

新年あけましておめでとうございます!!

今年もステキなカップルに出会い、

お二人らしいウエディングを

プロデュースしていきたいと思っています。

よろしくお願いします!!♪


******************


『出雲大社 高松分祠』

新年初詣に、出かけてきました。



フェアリー・テイルは、日頃、

縁結びの神様である出雲大社さんには

お客様の結婚式で大変お世話になっております。

また、私自身も、絶体絶命のピンチを「ご縁」をもって

助けていただいた経緯もあって、

毎年、新年にはご挨拶に伺うようにしています。


今年は、例年にも増して

『出雲大社 高松分祠』に、初詣参拝者が多く

見られました。


******************


【出雲大社 平成の大遷宮】

昨年、60年に一度の神事"平成の大遷宮"

が実施されましたが、

"遷宮"の大きな目的は、

神様のいらっしゃる場所を新しくして、

再び神様の力を甦らせようということだそうです。


「神様がパワーアップしているこの機会に、

力強い神気を養おう。」と

思った方が多くいらっしゃったのでしょうね(^_-)☆

mh_0064.jpg


******************


せっかく、神様がパワーアップなさっている新年です。

フェアリー・テイルがブラダルプロデュースで

お世話になっている『出雲大社』さんのことを

知っていただこうと思います。

mh_0095.jpg


******************


☆1☆

「出雲大社には

縁結びの神様がいらっしゃる」

mh_0234.jpg

出雲大社には、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

がいらっしゃると考えられています。


大国主大神は、この国を造ったとされる神様で、

古事記で有名な「いなばのしろうさぎ」で

毛を剥がされた兎さんを助けるダイコクさまです。


「いなばのしろうさぎ」ストーリーにあるように、

兎を助けたあと、今度は自身も逆境に立たされますが、

なんと二度も生き返って、

不屈の精神で国造りに成功します。


出来上がった国の政権を、天照大御神に譲る代わりに、

神様の世界の権利(神事)を担うこと約束されたと言われます。


男女の縁はもちろん、

すべての縁は神の采配によって

取り仕切られることと考えられることから、

大国主大神が、【 縁結びの神様 】

と言われるようになりました。


******************


☆2☆

拝礼は

「二拝四拍手一拝」

mh_0242.jpg


一般的な神社での拝礼は、二拝二拍手一拝ですが、

出雲大社では、二拝四拍手一拝が正式な作法です。

※「拝」とは、礼(おじぎ)のこと、
 
 「拍手」とは、文字通り拍手(かしわで・手を合わせて音をだす)こと。


日本では、古くから尊いものに対して拍手で敬意を表します。


拍手の数が多いということは、

それだけ尊い神様がいらっしゃることを示していますね。


******************


☆3☆

毎年10月には、

八百万(よおろず)の神様が

出雲大社に集結!!

mh_0272.jpg

毎年旧暦の10月には、

人々の縁を結ぶために

全国から八百万(よおろず)の神様が、

出雲大社に集まります。


この時、八百万(よおろず)の神様が行う会議で、

翌年の人々の縁が決定されると言われています。


10月は「神無月」と言われますが、

これは全国の神様が出雲大社に集まるからだそうで、

出雲地方では、10月は「神在月」と呼ばれています。


******************


☆4☆

出雲大社には

神様専用のお宿がある!!

mh_0286.jpg

出雲大社のお社には、一般の神社とは異なった特徴があります。

それは、出雲に集まる神々の宿舎があること。

十九社と呼ばれるお社で、

毎年10月に、全国から八百万(よおろず)の神様が

出雲大社に集まった際に、滞在するお宿です。


******************


八百万(よおろず)の神様が

出雲に集結する、"神在月(10月)"に、

出雲大社さんで結婚式を挙げたら、

ふつう以上に、ご利益があるかもしれませんね~(^_-)

mh_0101.jpg



******************



関連タグ:現場レポート アートと歴史 神前式

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE