ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  よく頂戴するご質問【和婚でかつらではなく日本髪を自分の髪で仕上げられますか?】

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

よく頂戴するご質問【和婚でかつらではなく日本髪を自分の髪で仕上げられますか?】

『伝統美の日本髪を自分の髪で仕上げてしまう。』




伝統的な日本髪のもつ美しさを受け継ぎながら

現代感覚のアレンジをプラスした

地毛結(自分の髪で結う) 

文金高島田「やまと髪(新和髪)」。



131110sogou-back2.jpg

花嫁の顔立ちに合わせて結いあげるので、

びん、まげ、たぼなど、どのパーツもサイズ感は

花嫁にぴったりです。

なんといっても、一番気になる生え際や襟足も

とても自然で、魅力的ですね(^^)。。。


******************


131110sogou-kamiyui.jpg

ヘアスプレーやカーラーを使って洋髪感覚で文金高島田「やまと髪」

は結いあげます。びんつけ油は使いません。



131110sogou-egao.jpg

顔の輪郭や、首・肩のボリューム、背の高さなど、

全体のバランスも考えながら、仕上げにかかります。

洋髪感覚の「やまと髪」ならば、

肩下くらいの長さがあれば、地毛で結えます。



131110sogou-kamiyui2.jpg

洋髪感覚で仕上げるとはいえ、

凛としたフォルムは本格的な『文金高島田』。

(仕上がりに大満足の花嫁さん^^)


******************


「挙式は、和装で。神社で。本格的な【 和婚 】」

でも・・・

131110sogou-hutari2.jpg

「パーティーはレストランウエディングが良い」

と仰るカップルもたくさんいらっしゃいます。



131110sogou-vail.jpg

文金高島田「やまと髪」は、

びんつけ油を使用せず仕上げているので、

お色直しのアレンジも素早く、快適に行えます。



131110sogou-dress.jpg

こんどは、イメージチェンジでダウンヘアにも挑戦。

挙式シーンの伝統的な和髪から大変身!!

びんつけ油を使用しなかったから

ダウンスタイルヘアも、さらさらに仕上がりました☆


******************


今回、日本髪を地毛(自分の髪)で結うことに挑戦した

裕実さん!!

131110sogou-zenshin.jpg

艶のある!、黒色をした!、傷みのない!、長い!、ストレートの!

髪をお持ちだったので、

フェアリー・テイルの打合せの時、藤田より

「和髪にはぴったりの綺麗な髪をお持ちですね。

 ご自身の髪で、文金高島田を結いませんか?」

と、ご提案しました。


裕実さんは、とても驚いた様子で、

「実は、今まで、この黒くて、硬い髪の毛が、

コンプレックスだったんです(/_;)。。。

この髪が、活かせるんだったら・・・。」と

文金高島田「やまと髪」に挑戦しました!



1131110sogou-dressUP.jpg

あの「コンプレックスだ」とおっしゃっていた髪が、

自慢の花嫁の髪になりました☆☆


******************


Q)

「かつらではなく日本髪を自分の髪で仕上げられますか?」


A)
「はい、できます!」

ヘアスプレーやカーラーを使って

洋髪感覚で文金高島田「やまと髪」を結います。

びんつけ油を使いませんから、お色直しで

ダウンスタイルやカールスタイルの洋髪に変身も簡単にできます。


******************


文化は、

時代時代に合わせて

進化し、変化するから受け継がれるんですね。

関連タグ:現場レポート プロデュース裏話 花嫁支度 花嫁ギモン Hair&Make

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE