ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  花嫁さんの上手なタクシーの乗り方

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

花嫁さんの上手なタクシーの乗り方


花嫁タクシー(ブライダルタクシー)ってご存知ですか?

後部座席左側のドアの天井部分が開閉するタクシー!!
 




じゃじゃ~ん!コレです☆
 




「わあ~☆☆☆憧れだったんです♪

 子どものころ、近所のお姉ちゃんがこのタクシーに乗って

 出発していく姿がキラキラしていました。

 このタクシーに乗ると、いよいよ花嫁って感じですよね~!

 『寿』マーク、どうだ~って感じですよね~!」





と仰った花嫁さんもいます。
 




それではこの「花嫁タクシー(ブライダルカー)」の上手な

乗降の仕方をちょっとお教えしましょう!
 




<乗る時>

まず、新郎さんが後部右側のドアから一人で乗ってください。


次に、花嫁さんは左側のドアから乗ります。


その際に、足からでなくお尻から乗ります。


お尻を軸にくるりんと身体を回転させます。


その際に足を揃えて、車中に入れます。



このくるりんの際に花嫁さんが、

ひっくり返らないように新郎さんが後ろから支えます。


二人が後部座席に座ったら、開いていた天井を閉じます。

このときに、花嫁さんは少し頭を傾げます。


特に和装の場合は、文金高島田のかつらや、角隠し、綿帽子が

天井につかえますのでご注意ください。


頭を前方に傾げた際に、

お化粧が白無垢やウエディングドレスの襟元に

付かないように、白いハンカチを顎に挟んでおくとよいでしょう。


また、花嫁さんは前方座席についてある取っ手を

つかめる体勢にありませんから、取っ手に紐か、

長めの手ぬぐいなどを引っ掛けておくとよいでしょう!


フェアリー・テイルがいつもお願いするタクシーさんでは

花嫁さんがつかみ易い、

ちりめん布を帯状にしたものを用意してくれています。





 
<降りる時>

乗るときと逆パターンになります。


時々、男性優先で「ハイハイ!新郎さん先に降りて~」と

声をかけられるかもしれませんが、花嫁さんが降りるまで

新郎さんが背中をぐっと支えておいてあげてください。




 
・・・さてさて大変難しいことを書きましたが、

フェアリー・テイルでは担当アテンダーが全て

お手伝いしていますのでご安心ください。(ニコっ!!)

関連タグ:プロデュース裏話 花嫁支度 花嫁ギモン 風習しきたり

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE