ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  特別名勝 栗林公園で 初めて結婚式をプロデュースしました。

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

特別名勝 栗林公園で 初めて結婚式をプロデュースしました。

【栗林公園・結婚式】

☆感動200%☆で無事におひらきいたしました。





歴史の1ページに、

今!生きている二人が結婚というの人生の1ページを刻む・・・




栗林公園の結婚式開催に向けては

涙(汗)なくては語れない(^_^;)

足かけ10年以上のプロジェクト。


ご協力・ご尽力いただいた皆様

本当にホントウにありがとうございました。


ずっと応援し、待ち望んでくださっていたカップルの皆様、

お待たせいたしました!!



当初、香川県側が最も心配し、

10年以上第一歩を踏み出しきれなかったポイントは、

一般来園者とのコンセンサス。


心配どころか、

結婚式出席者ではない一般来園者から

自然とわき起こる歓声と拍手、そして感涙・・・。

花嫁行列2.jpg


「本物の花嫁さんを身近で見たのは何年ぶりかしら~。

 ありがたい、ありがたい」

って仰って、手を掌せてくださった花見客のおばあちゃん


「私も花嫁さんになりた~い♡」
って、彼におねだりしていた20代のデート中のかわいい女子さん


栗林公園所長からも

「フジタさん☆

ブライダルイベントじゃない、

本物の結婚式だから

一般の来園者にも喜んでもらえるんですね。。。と。


******************


私が、栗林公園での結婚式をプロデュースしたいと

思い始めたのは今から10年以上前のこと。

フェアリー・テイルを創業したのが15年前ですから、

この仕事を始めて数年経過してからのことです。


正直なところ、

その頃の栗林公園での結婚式プロデュースに掛ける"思い"と、

今の"思い"は、ちょっと違います。

当時は、どちらかと言うと

場所性のユニーク度の高さと、

特異な結婚式スタイル・演出を

『オリジナリティ』あるいは『オリジナルウエディング』

だと言っていたかもしれません。


お客様一組一組と接するうちに、

こんなことに気づきました。



『オリジナルウエディング』は、

ユニークな場所性でもなく、

派手なパフォーマンスでもなく、

華美な装飾でもなく、

珍しい引き出物を選ぶことでもなく、

「私たちはこんな風に二人で生きていきます」と

宣言する場になんです。

そして、もっと大げさに言うと、

自分たちが、この世に生まれ、

今を生きた証を遺すことなんです。


自分たちが生まれ、育った『ふるさと』の文化を

誇りと実感したいですよね。

自分たちを生んで、育ててくれた『ふるさと』の街を

自慢したいですよね。


これが今!!

私が栗林公園での結婚式プロデュースに掛ける思いです。


******************


初の【栗林公園・結婚式】の裏側、ご覧いただきます。


東京在住の中村様ご夫妻。

彼は香川県・寒川町のご出身。

彼女は東京生まれの東京育ち。


仕事の都合もあり現在のところ、実家に戻る予定はないそうですが、

「せめて結婚式くらいは地元で挙げてほしい」と

ご両親から切望されふるさと(故郷)での結婚式をすることに。

東京生まれの東京育ちの彼女にしてみれば、

当初、讃岐(香川県)での結婚式には、若干抵抗があったと。



お二人は今年の1月、初めてフェアリー・テイルを訪れてくださりました。

IMG_3946.jpg

↑栗林公園の歴史や、芸術的な趣向などについて、
 
 栗林公園の所長にご紹介してもらいながら、会場見学をしました。


IMG_3950.jpg

 ↑東京出身の彼女にとって、
 
 当初"ふるさと(故郷)"という意識はあまりなかったようですが、
 
 讃岐(香川県)出身の彼との結婚、
 
 讃岐(香川県)で結婚式を挙げるんだから、
 
 とことん、【ふるさと 讃岐(香川県)】にこだわってみてはどう?
 
 との私からの提案に
 
 『縁』を感じたと仰っていただきました。


IMG_3941.jpg

↑日常の【掬月亭】です。


掬月亭(挙式リハーサル).jpg

↑挙式リハーサルシーンですが、当日の【掬月亭】です。



つぎに、披露宴会場です。

挙式を【掬月亭】で行いましたが、

【掬月亭】では、飲酒が行えない規則になっているため

披露宴会場は移動します。

披露宴会場の選定においても

【ふるさと讃岐】のテーマ

(ロケーション・料理内容など)に

ポイントを絞って、

栗林公園内にある【茶店 花園亭】を選びました。



花園亭表(普段).jpg


↑日常の【花園亭】。


花園亭表(当日).jpg

↑当日の【花園亭】です。

挙式後、花嫁行列で、披露宴会場の【花園亭】に

移動してきました。

【花園亭】では桜茶でお出迎えしてもらいました。


花園亭(普段).jpg

↑日常の【花園亭】です。


花園亭(装飾後).jpg

↑当日、お客様を出迎える前の【花園亭】の披露宴会場です。


******************


二人が出会い新たな人生を踏み出そうとしている

結婚という真実の瞬間を

ヒストリー(歴史)のステージに刻む・・・。

そして、二人のルーツをふるさとに辿る・・・。


これこそ、本物の結婚式。

結婚する二人にとっての

【オリジナルウエディング】であり、

【ふるさと結婚式】ではないでしょうか?


日本のふるさとに結婚式を!! 


皆様、ありがとうございました!! 


ふるさと婚プロデューサー 藤田徳子


******************


今回の結婚式の中村様ご夫妻には

「結婚式を通じて、

 すべてが、縁でつながっていると思いました。

 トントン拍子で進み、なにもかも

 私たち導かれている~って思えました」

と言っていただき、私も同感いたしました。


穏やかな彼と、キュートな彼女です。


掛け軸.jpg

披露宴会場の【花園亭】の床の間に飾らせていただいたこの掛け軸。

高松の『松』と、結婚式らしい『寿』の文字。

栗林公園で結婚式を挙げる中村様ご夫妻にぴったりだなと

思って、1か月くらい前に私が実家の納戸から持ち帰ったものです。

私の祖父が我が家の慶事には

必ず飾ってくれていたものです。

実は、この結婚式の1週間前にその祖父が急逝いたしました。

祖父がまるで栗林公園の結婚式の実現を見守るように、

掛け軸が贐してくれました。

この掛け軸を掛けることに賛同してくださった

中村様ご夫妻、そしてご家族の皆様、ありがとうございました。



関連タグ:ふるさとウエディング 現場レポート アートと歴史 風習しきたり 園婚 料亭ウエディング

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE