ホーム  >  お知らせ  >  メディア掲載  >  【新聞】国営讃岐まんのう公園“グランピング・ウエディング”がブラダイル産業新聞に掲載されました

お知らせ

【新聞】国営讃岐まんのう公園“グランピング・ウエディング”がブラダイル産業新聞に掲載されました


今年9月23日に「国営讃岐まんのう公園」で行われたグランピング・ウエディングが、
業界専門誌【ブライダル産業新聞】に紹介されました。

じつは“まんのう公園”での結婚式の開催は、今回が2例目。

初めての開催は2年前の2015年9月。
これまで前例のなかった「国営讃岐まんのう公園」で、
初めての結婚式をフェアリー・テイルがプロデュースいたしました。

国営公園においても史上初となる試みが、四国・香川県で実現!
話題を呼びました。

今回の“グランピング・ウエディング”は、
過去のレポートをご覧になったカップル様からのご依頼でした☆

****

結婚式運営を目的にされていない会場、
特に、行政が管理する観光地や施設の場合
施設側には、結婚式運営のノウハウはありません。

国営 讃岐まんのう公園も例外ではありません。
結婚式開催当日は、通路や駐車場を
結婚式出席者が止むを得ず優先的に使用してしまう場面もあります。
そんな折、一般の来園者が出来る限り嫌なお気持ちを抱かれないよう
対策等は欠かせません。
また、スニーカーやカジュアルな服装で出向くことを
前提にされたキャンプ場。
結婚式出席者にしてみれば、不自由を感じる場面もあります。
ヒールや革靴の足元を配慮して芝を刈り込んでもらったり、
長いスカートや肌を露出した服装を配慮して、
木製の備品にカバーを付けたりと、
私どもプロフェッショナルの『知識』や『経験』が必要とされます。


>>>“ユニークベニュー活用”へのフェアリー・テイルの取り組み<<<


関連タグ:メディア

お問い合わせはこちら