ホーム  >  お知らせ  >  メディア掲載  >  ふるさとウエディング  >  【 新聞 】徳島新聞に藤田徳子が掲載されました♪

お知らせ

【 新聞 】徳島新聞に藤田徳子が掲載されました♪


徳島新聞に藤田徳子が掲載されました♪

**************************************

「ふるさとウエデイング」の魅力を売り込む

 ブライダルプロデューサー

 ふじたのりこ
 藤田 徳子さん

**************************************


結婚式は、自分と相手が何者であるかを見つめ直す機会だと思う。
「2人らしさ」を追求したら、奇抜な演出でも豪華な飾りでもなく、
生まれ育った地でルーツを再認識する「ふるさとウエディング」に行き着いた。

料理も地元産にこだわって、高松市の大名庭園「栗林公園」で演出した式は
「いい結婚式」コンテスト(ブライダル総研主催)の準グランプリを獲得した。
10年前から香川県に申し入れ、今春ようやく実現した。
香川は新郎の出身地。当初、東京育ちの新婦には抵抗があったが、
当日は行き交う人に祝福の言葉をかけられ「人が優しい。
香川っていい所」と愛着が湧いたという。

自身の結婚式でメークも引き出物も「皆さんこうしています」と
押しつげられ違和感を覚えたのが、ブライダルプロデューサーの
道を選ぶきっかけだった。広告代理店での経験を生かし、
個性を表現できる式をつくりたいと25歳で創業した。

式の打ち合わせでは「あなたって何?」と問いかける。
「お互いの歴史を棚卸しし、夫婦の価値観をつくり上げる作業」と考えるからだ。

会社の応接間にはスリッパを用意し、くつろいだ雰囲気の中で自らをさらけ出してもらう。
お世話した夫婦は結婚式後も「ねえちゃん」と慕い集まってくる。
そんなカップルとの語らいが何よりの励みという。
瀬戸内海の島々。究極のルーツ「家」。
次はどの「ふるさと」で結婚式を聞こうか。
おとぎ話の形はカップルの数だけある。
岡山県出身。40歳。


徳島新聞12-09-01.jpg



↑↑ PDFでもご覧いただけます




関連タグ:ふるさとウエディング

お問い合わせはこちら