ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  ウエディングフレンズ  >  ご両親への挨拶マナー<当日編Vol.2>(09年7月23日オンエア)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

ご両親への挨拶マナー<当日編Vol.2>(09年7月23日オンエア)


柏原
「ご両親へ挨拶に行く方が多くなるこれからの時期、今月のウエディングフレンズはご両親へ挨拶に行く時のマナー! をご紹介していきましょう。」
多田
「今週はご両親へ挨拶に行く時のマナー<当日編Vol.2>。いよいよ今週は、お家にお邪魔して、本題に入るところからをご紹介していきます。」
多田早織
柏原里砂 柏原
「お部屋に通されて、落ち着いたらいきなり本題に入ってしまっていいのでしょうか?軽く歓談した方がいい?」
多田
「いきなり本題に入るのではなく、まず、お部屋に通されたところで、自己紹介と訪問の御礼を改めてご挨拶します。その後は、しばらく歓談を。
あらかじめ自分の両親に結婚相手の年齢や仕事、人柄、家族構成、などを伝えておいた方が挨拶の時に親しみを感じてもらえますが、逆に結婚相手にも、自分の両親はどんな人なのか情報交換しておくことも必要です。両親の性格や趣味思考、仕事内容、好きな野球チームなどを知っておくと、話題として出せますので、会話が楽になると思います。話題が切れたときの対策として、情報を元に話題の準備ができますよね。また、タブーな話題があれば、それも結婚相手に事前に伝えておいた方がいいですね。」
多田早織
柏原里砂 柏原
「歓談の後はいよいよ本題!本題は、男性、女性、どちらから切り出すのがいい?」
多田
「どちらの家に挨拶に行った場合も、切り出すのは男性から。普段は女性が主導権をにぎっている、という場合も、この日は彼をたてて、彼が切り出した後に、『よろしくお願いします』と挨拶しましょう。」
多田早織
柏原里砂 柏原
「『お嬢さんを僕にください!』と言うのが定番?」
多田
「結婚の挨拶と言えば、まずこの言葉が思い浮かびますが、『下さい』という言い方は『娘は物じゃない!!』と反感を買う場合もありますので、『○○さんと結婚したいと思っております。二人の意思も固まりましたので、ご両親に結婚の了解をいただきたく、ご挨拶に伺いました。』というような言い方の方がいいのではないでしょうか。」
多田早織
柏原里砂 柏原
「結婚の報告以外に、結婚式や入籍のことも報告できるようにしておいた方がいい? 」
多田
「両親が気にしそうな事柄、入籍の時期、結婚式のことなど想定される質問に対して事前に二人で話をして答え方をまとめておくと、挨拶の際に慌てなくていいですね。ただし、勝手に二人で決めたと思われないように、両親を立てて両親と相談の上、決めていきたいという姿勢を忘れずに。」
多田早織
柏原里砂 柏原
「もしも食事を用意して下さっていたら?」
多田
「突然の申し出であれば、一旦丁寧にお断りします。その場の雰囲気を読んで、あらかじめ用意して下さっているのか、それとも社交辞令なのかを見分けて、もし用意して下さっている様子であれば、何度もお断りをするのは逆に失礼にあたりますので、お受けしましょう。食事を頂く場合、特に女性は、食事の支度の時や終了時には、『よろしかったら、お手伝いさせてください』のひと言を!あとは食事を用意して下さったことに対しての感謝の言葉は必ず伝えましょう。食事のマナーやお箸の使い方なども確認しておきたいですね。」
多田早織
柏原里砂 柏原
「どのくらいの時間、お邪魔するのがいいのでしょうか?」
多田
「2~3時間程度を目安に。頃合を見計らって、招いた側、例えば女性の家に男性が挨拶に行く場合は、女性が『そろそろ・・・』と切り出してあげるといいですね。」
多田早織
柏原里砂 柏原
「帰り際、玄関や家の外での挨拶はどのように?」
多田
「帰る時には『本日はありがとうございました。今後のことについてはまたいろいろと相談させていただきたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。』とお礼を伝えましょう。
玄関では、履いていたスリッパは訪問時の状態にして端に寄せます。それから、玄関の外で見送られたら、少し歩いたところで一度振り返ってみましょう。姿が見えなくなるまで見送ってくださっているかもしれませんので、もし振り返って姿が見えたら会釈をして返します。これは意外と普段できてない人もいるかもしれないですね。」
多田早織

関連タグ:花嫁支度 花嫁ギモン ウエディングフレンズONAIR

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE