ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサーの幸せ会議 合宿編

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

プロデューサーの幸せ会議 合宿編

先日、フェアリー・テイルでは、「プロデューサーの幸せ会議」を合宿方式で実施しました。春のブライダルシーズンを終えての反省と、秋の新たなブライダルシーズンを迎えるにあたって、今以上によりグレードの高いブライダルプロデュースのあり方、最近のお客様のニーズに深くお応えできるようなサービスや商品を開発すべく1泊2日の合宿を行いました。


特に最近は、少人数での挙式や披露宴が増えています。職場の付き合いだけ、両親の知り合いというだけの「義理」だけで出席していただくゲストをたくさん招くよりは、本当に二人を大切に育ててくれたお身内や二人を見守ってくれた親しい友人だけを招くスタイルを選ばれるカップルが多くなっています。

また、奇をてらった演出や華美な装飾は不要だと、ホンモノのオリジナリティを追求される本物嗜好のカップルが大部分です。

こういった昨今のカップルの嗜好傾向には、私は賛成!!です。別々に生まれ育った二人が結婚し、新たな家庭を築く第一歩として「結婚式」が存在するのだから、ユニークで派手な場所、綺麗なモノに囲まれるだけでなく、本質的に二人の思いを表現することこそ、ステキな「結婚式」じゃないですかね?ブライダルマーケットに踊らされないというか、本来の文化や儀礼を重んじる「結婚式」に戻っている証拠だと思います。原点回帰です。

IMG_0803会議2.jpg

そこでフェアリー・テイルも原点回帰!!

まずは、フェアリー・テイルを訪れてくださったカップルの「思い」をじっくり聞く。二人が招こうとしているゲストは、二人にとってどんな意味合いで大切なのか?二人が互いに何に惹かれ合って「結婚」に至ったのか?価値観?感性?また、二人の生い立ちや出会いのきっかけなど、二人の結婚を形成するプロセスもきちんと見る。

それって、ユニークな場所やステキなモノをコーディネイトするだけでは、表現できないですよね?

IMG_0803会議3.jpg

今回の「プロデューサーの幸せ会議 合宿編」には、外部の応援団も付き合ってくれました。

二人の思いをカタチにすると言っても、二人の頭や心の中に侵入することは叶いません。コミュニケーションはすべて言語。そこで、コピーライター(聞きとりスト)の小西さん。ファーストカウンセリングで使用するカウンセリングシートを大改良しています。

二人のアイデンティティーの表現は、演出や挙式スタイルだけでは不足です。モノに表現することも必要です。そこで、デザイナーの垂水さん。垂水さんは結婚式の招待状や席札などのペーパーアイテムなどに使用するテーマモチーフをデザインしてくれています。

IMG_0803会議4.jpg

ブライダルプロデュースに必要な要素は、二人の思いをカタチにするオリジナリティーだけではありません。ゲストに対するカップルの「おもてなし」の気持ちをブライダルプロデューサーがお二人に代わって、ゲストを大切にいたします。また、結婚式までは忙しく何かと気を揉むことの多い結婚準備期間、カップルにはブライダルプロデューサーの心理的なサポートも大事だと考えています。プロのホスピタリティーもオリジナリティー同様に大切なのです。そこで、ホスピタリティーのプロとして、東京のショーパブで活躍するダンサーの横井聖司くんにも来ていただきました。聖司くんは、フェアリー・テイルの「ドキドキデートプラン」の司会を務めてくれたこともあるんですよ!

IMG_0803会議5.jpg

二日間の「プロデューサーの幸せ会議」は夜中遅くまで続きました。

結婚式場やホテルにはない!真のオリジナリティーとホスピタリティーを追求して・・・。お客様である結婚するカップルとカップルを祝福するために集まるゲストの皆様、そして二人を大事に育ててくださったご両親にとって最高の結婚式をフェアリー・テイルがプロデュースするために・・・。皆様の笑顔を思い浮かべながら・・・。

IMG_0803合宿飲み会.jpg

フェアリー・テイルのブライダルプロデューサー、そしてフェアリー・テイルの応援団のみなさんによる「プロデューサーの幸せ会議 合宿編」は、白熱のあまり、時に"バトル"や"涙"さえありました。でも、すべてお客様の幸せな結婚式創りのために必要な"バトル"と"涙"です。

苦しかったけど・・・充実した「プロデューサーの幸せ会議」でしたね!!

新しいブライダルのカタチは、フェアリー・テイルから生まれます!

少子化とか晩婚化とか言われるけど・・・そんな今の時代のカップルの嗜好傾向に対応できるのは、「フェアリー・テイル」のブライダルプロデュースだけ!(←言い切ってしまいました!!)

これからも「プロデューサーの幸せ会議」は続きます・・・!!


関連タグ:プロデュース裏話 チーム・フェアリー

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE