ホーム  >  法人・団体・学校関係の皆様  >  講演活動  >  【研修報告】人事院 国家公務員研修をさせていただきました(その②)

法人・団体・学校関係者の皆様

【研修報告】人事院 国家公務員研修をさせていただきました(その②)

>>>前回までのストーリーはココ<<<

【研修報告】

人事院 国家公務員

女性職員研修をさせていただきました(その①)

☆☆☆是非ご覧ください☆☆☆


人事院 国家公務員研修の様子


「ブライダルプロデューサーが講師を務める?!」

 

人事院 (国家公務員)

四国地区女性職員研修

の講師を務めさせていただきました。

 

研修タイトルは、

"思い"の力が未来を創る

~ これからキャリアデザイン~

☆ブライダルプロデューサーとして、

また創業社長として、

さまざまな困難に苦悩してきた経験が

少しでも地域の皆様のお役に立てれば・・・、

そういう思いでお手いさせていただきました。

 

今回の研修をお引き受けするにあたり、

17年間のブライダルプロデューサー、

そして経営者として【感覚的】な部分を

言語化し、体系化してみましたので、

ぜひ、ご紹介させていただきたいと思います。

 

******************

 

今回の研修内容を、何度かに分けて、

こっそりご紹介いたします。

 

******************

 

前回のご紹介ページで最後に登場したテーマ!!

☆☆☆

「なぜ?スタッフたちは、

創業間もない、

基盤が完備されていないわが社で

自主的に行動できていたのか?」

・・・今回の研修の1つ目の大きなテーマ・・・

☆☆☆

 

******************

 

◎私なりの結論は、

「自分の目標(なりたいイメージ)と

 自分が属する組織の目標が、

 同じベクトル上にあった(置いた)」

ということ。

(ベクトル?、どういうこと?

 なりたいイメージ?、それ何なん?

 すいません、それは研修を受けた方だけが知る特権。(笑)

 でもヒントは、この後このサイトでもご紹介しますね)

※「マズローの欲求5段階」

 

******************

 

■創業スタッフの退職 ・ 次の世代がうまくいかない。

そんな優秀なスタッフたちも

やはり結婚や出産がきっかけで退職してしまいました。

 

○あるスタッフは、

結婚と同時にご主人が転勤、そのまま県外へ。

 

○あるスタッフは、

結婚後も勤務してくれていたが、

ご主人から「家にいてほしい」と言われ、

止む無く退職。

 

○あるスタッフは、

結婚、出産も経験し、

当社で初の産休育児休暇も取得したが、

子どもが2歳になるころ病気がちで、

自宅の近くで勤務すると退職。

・・・など、

創業期を支えてくれた優秀なスタッフを

数年で失ってしまいました。

 

******************

 

創業時から、女性の経営者だからこそ

「女性がここちよく働ける環境つくり」

と理想は唱えてきたものの、

社会通念や慣習などにおいては

まだまだ女性が働くことの難しさを痛感しました。

 

育児や介護なども、

行政レベルでは、

サポート体制が整いつつあるものの、

当事者の意識レベルで、

まだまだ女性が働くことが難しいのも

事実であることを実感しました。

 

また、教育の場においては、

男女平等に高等な教育を受け、

社会では男性と同様に能力を発揮できていても、

その知識や経験を十分に生かす間もなく

社会からの引退を余儀なくされている様子に

心を痛めます。

 

女性自身も、

社会通念や周囲の考え方に逆らって、

荒波立ててまで働くことを

切望していないのも事実なのかもしれません。

(ここはとても難しい問題です。

 私も女性のですから、誤解を招きたくありませんが)

 

******************


人事院 国家公務員研修の様子

↑今回の研修は、女性の国家公務員職員さん

 総勢40名ほどでした。

 四国四県からさまざまな職種の方々がお集まりです。

 検察庁の捜査官さん、

 少年鑑別所の専門官さん、

 国税局の調査官さん

 気象台の専門技術官さん

 ・・・などなど。

 私たちが日頃、当たり前のように暮らせているのも

 この方々が陰で支えてくださっているからですね。

******************

さて、本筋に戻りますが・・・。

 

創業メンバーの退職以降、

次の世代に入社してくるスタッフは、

今まで通りとはいかない。

 

創業スタッフは、

創業間もない基盤の完備されていないわが社で

自主的に行動してくれていたはずなのに・・・。

こんどは、自主的に仕事をしてもらえない。

 

仕事の標準化を図りマニュアルを作るが、

それだけの問題ではないみたい。

マニュアル化すればするほど、空回り。

 

更に、ブライダルプロデュース業は、

マニュアルで働ける部分と

マニュアルではなく、

お客様の気持ち次第で対応すべき部分がたくさんある。

 

「お客様のこころをくみ取ること・・・

 私には"普通"にできるのに、

 スタッフには教えてもできない。

 感じない。・・なぜ?」

******************

☆☆☆

「なぜ?

創業メンバーは何もなかったわが社でも

自主的に仕事ができていたのに、

順調に成長したわが社では

同じようにいかない?」

・・・今回の研修の2つ目の大きなテーマ・・・

☆☆☆

 

******************

 

■コラム(本筋とは離れますが)

*「ライフワークバランスってホンマは、なんなん?」

当社のようなブライダル業界では、

商品やターゲットになるお客様の性質上、

女性スタッフの感性やきめ細かいサービスが必要。

 

ブライダル業界以外でも、

商品開発やサービス、営業、企画立案の場面などで、

女性ならではの特技や視点が、

求められているのではないか?

 

女性の働く環境を整備、切実な課題。

 

とはいえ、中小企業においては、

希望する勤務地への配属転換

(たとえばご主人が転勤したから転勤先へ)、

託児所設置などは無理。

 

産休や育児休暇を見込んだ

余剰人員を抱えることも不可能。

中小企業は、

人材採用のなかなか厳しく、

退職者や休暇取得の社員が出ても、

すぐに代替人員が確保できない。

 

そこで、中小企業ならではの(わが社ならでは?(笑))

『コマワリの効く』女性の就業体制を

試みてきたし、今もまだまだ模索しながら実行中。

 

 

≪わが社の取組み≫

 

○県外にお嫁に行ったスタッフに

 メールやインターネットを利用し仕事にかかわってもらう。

 

○1日3~5時間、週2日程度の勤務。

 これは、お客様の担当をするなど時間に追われる仕事は

 担当しにくいが、内外ともに「人の利」で捗る業務には

 向いている。

 

○子どもの事情

 (今年の春には卒園・入学・受験を控えている)

 家族の事情

 (夫や両親が病気になった、仕事が忙しい)

 が発生した場合は、事態が収束するまで、勤務体制を変更。 

 短時間労働にするとか、勤務日数を減らすなど。

 

○慶び事(喜ぶこと)は仕事よりも優先

 家族や友人の結婚式の出席、

 子どもの運動会・発表会、

 場合によっては参観日・懇談会など・・・

 慶び事(喜ぶこと)は、そっち優先。

 

○ワークシェアリング

 これが一番難しかった(^_^;)。。。

 従来、

 正社員のプランナーたちが担当してきた業務を

 カテゴリーごとに、パートに分け、

 大きな「流れ」に落とし込む。

 細分化されたパートごとに、

 曜日ごとに

 出勤してくる複数人パートさんが

 業務をリレーしていく。

 

「男性が主要業務、女性は補助業務。」

そんなんナシ!! 

だってうちはみんな女子ですから(*^_^*)

パートさんでも主力戦力です!(^^)!   

 

「自分は本当にお客様に役に立っているのか?」

子育て中のパートさんだから、雑務ばかりなんてNO!!

業務が細分化されているので、

最初から最後トータルでってわけにはいきませんが、

しっかり、お客様に接して、

一緒に「慶び」を分かち合ってもらいます。

 

「ブライダルの専門の勉強したわけでもないし、

 特にブライダルの仕事が好きってわけじゃないけど・・・?」

好きな仕事に一生就けるなんてまれの稀。

逆に好きで始めた仕事って、意外と嫌いになったら続けられない。

それより、今やってる仕事が、

「何」につながって、「誰」の役に立っているか、

それが明確なら、仕事って続けられる。

 

つまり

「生活も続けなきゃ、仕事も続いて、ナンボ。」

これが、私の考えるワークライフバランス!!

 

*****************

今日のご紹介はココまで。

つづきは、

次回の「藤田徳子の幸せ会議」を

お楽しみにしてください(*^_^*)

******************


人事院 国家公務員研修の様子

↑一番盛り上がったのは、

 【 ダイエット 】、【 旅行 】、【 片づけ&料理 】のハナシ。

 この研修で初めて顔を合わせた方でも、

 この3つのネタだと、仲良くなれる

 どこに行っても、やっぱり女子ネタです。

 

******************

 

>>>前回までのストーリーはココ<<<

【研修報告】

人事院 国家公務員

女性職員研修をさせていただきました(その①)

☆☆☆是非ご覧ください☆☆☆

 

【 今までの研修講師(実例) 】

>過去講師例①<
「男女共同参画推進シンポジウム」パネラー
~『同調』じゃなくて『協調』が大事。~


>過去講師例②<
高松市女性職員エンパワー研修
~お客様の喜ぶ!(^^)!こそ幸せです~


>過去講師例③<
『ふるさと婚』講演会 全国行脚中
~"町と人とがつながりを深めていく"~

お問い合わせはこちら