ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  ウエディングフレンズ  >  挙式スタイルのご提案〈キリスト教式編〉(09年6月18日オンエア)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

挙式スタイルのご提案〈キリスト教式編〉(09年6月18日オンエア)

今週は「キリスト教式」結婚式の「挙式の意味」や「マナー」についてご紹介していきます。 

「キリスト教式」とは・・・イエス・キリストに二人の結婚を誓うという挙式スタイル。キリスト教では結婚は神のおぼし召しにかなうものとされているので、挙式には多くの方が参列し、祝福するのが望ましいとされています。家族や親族以外でも式への参列は可能です。

 

 

では、信者以外の方がキリスト教式で結婚式を挙げる時、どんな風に教会を選べばいいのでしょうか?

 

一般的に多いのは結婚式場やホテル内に併設されたチャペル。結婚式を挙げることを目的に作られた結婚式専門のスペースですので、控室やゲストのお待ち合い室など施設面では完備されていますし、申込手続きや料金も明確です。 

 

もう一つは本物の教会。当然のことながら信者さんたちの敬虔な祈りの場です。一生に一度の結婚式、せっかくなら本物の空間で挙式を挙げたい!!という方には・・

 

 



高松市桜町にあるカトリック桜町教会。1957年の聖堂完成当初から主要な公式典礼が行われるカテドラルとして、四国のカトリック教会の中心的な聖堂となっています。

 

 

tm0111.jpg

本物の教会の場合、本来は信者でなければ式を挙げることはできません。しかし、カトリック桜町教会では結婚講座を受けるなどの条件を満たせば信者でなくても結婚式を挙げることができます。

※結婚講座とは、礼拝に通ったり、神父様の面接を受けることで、キリスト教式教会で挙式を挙げることの意味を勉強してもらおうというものです。

 

tm0234.jpg

本物の教会での結婚式はやはり厳粛な空気に包まれています!

 

 

hm0409.jpg 挙式の後は教会の外でフラワーシャワーやスナップタイムの時間を取ることもできますので、ゲストと触れ合える時間もたっぷり取れます。

 

 

 

ts0153.jpgこちらは高松市屋島西町にある日本基督教団屋島教会。

キリスト教には大きく分けて「カトリック」と「プロテスタント」の宗派があり、屋島教会は「プロテスタント」派です。宗派・教会によって結婚講座の回数や当日の制約(フラワーシャワーや写真撮影の注意など)、御礼などが異なります。

 

 

ts0194.jpg 結婚式と言えば、パイプオルガンの演奏の中、お父様と歩きながら大きな十字架を見上げるシーンがまず思い浮かぶ、という方も多いのではないでしょうか?女性なら誰もが夢見るシーンですよね。

 

 

 

ts0189.jpg 日本基督教団屋島教会では、挙式中、パイプオルガンを演奏して下さいます。その音色は建物自体が楽器として音楽を奏でていうような迫力があります!

 

 

jm0615.jpg

 高さ5メートルにもなるパイプオルガンがある屋島教会には、ヨーロッパ各地からトップクラスのオルガニストが演奏に訪れる程。建物全体が一つの楽器になるような設計を、との思いで、オルガンに合わせて教会を設計されたんですよ~!

 

hm0398.jpg その他にも屋外やレストランなど教会以外の場所に牧師を招いて挙式を挙げてもらうことも可能です。

 

挙式可能日のお問合せや教会以外のこんな場所でキリスト教式でできないか・・など

まずは、一度「ブライダルプロデュース フェアリー・テイル」にお問い合わせください。

 


関連タグ:現場レポート ウエディングフレンズONAIR キリスト教式

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE