ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  コロナ禍 “新しい結婚式”を挙げる!!(【重要なお知らせ】感染拡大防止に向けた取り組みについて)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

コロナ禍 “新しい結婚式”を挙げる!!(【重要なお知らせ】感染拡大防止に向けた取り組みについて)

8月2日、NHKの報道
「結婚式延期や中止17万組 損失6000億  損失額年間の推計市場規模の42%」

8月12日、日経新聞の記事
「延期や中止17万組、多額のキャンセル料を巡るトラブル多発」

とてもショッキングニュースです!

「結婚式は悪いもの」と捉えられがちの社会の風潮もあり、「結婚式はおろか、今、結婚することすら躊躇ってしまう・・・」というカップルすらいらっしゃいます。

23年間、ブライダルプロデューサーとして、結婚を控えたカップルに寄り添ってきた私にとっても、とても寂しく辛い時世です。

「結婚式自体が良くないもの」と定義されてしまわないためにも、私たちブライダル業界に身を置く者は、結婚式が拡散の拠点となることは徹底的に避け、安心安全の結婚式の開催を死守しなければなりません。
それこそ、プロフェッショナルのミッションです。

コロナ禍真っ只中、結婚式を挙げられたカップルの事例をご紹介します。

こういうご時世だから、アップしようか迷いましたが、
花嫁さんが

「迷いに迷ったけど、やってよかった!藤田さん!」

と仰ってくださったので、こういうご時世だからこそ、
結婚式を躊躇されるカップルやご家族の心の支えになればと願って
アップさせていただくことにしました。

主催者の新郎新婦も、私たちスタッフも、ウイルス感染対策には万全を尽くして臨んだ結婚式です。

コロナ禍 “新しい結婚式”を挙げる!!


コロナ禍で結婚式を挙げられたカップルの事例

結婚式前の数週間、結婚式の出席者から、毎日毎日、欠席の連絡が続きました。

  • 首都圏から出向くと迷惑がかかる・・・、
  • 高齢者だから何かあると大変・・・、
  • 自分が倒れると親の介護ができない・・・、
  • 職業柄ちょっと控えておきたい・・・、

などなど、皆さんの事情が理解できるだけに、新郎新婦も、プロデューサーの私も、「決断は今?」と、毎日毎日、悩み続けました。

結婚式の10日前だったでしょうか?
私から一つの提案をしました。

「最後、ご両親、ご兄弟が欠席するって決めたら、今回は取り止めましょう!ご家族が出席をすれば、結婚式として十分成立します!」

「祝ってくださる方がいる以上は、換気や消毒はもちろん、細心の注意を払って、結婚式しましょう!」

 

 

天気は快晴。

場所は、「密室でない」、開放的な栗林公園。

屋外を中心に進行しますから、「密閉ではありません」


コロナ禍で結婚式を挙げられたカップルの事例 場所は「密室でない」、開放的な栗林公園

神前式の会場は、全方位開放の掬月亭。
「密閉を回避して」、すべての襖や障子を開けています。
通常、神前式の場合、両家親族が向い合わせに座りますが、「飛沫感染防止」のため、全員が前を向くようにレイアウトを工夫。


コロナ禍で結婚式を挙げられたカップルの事例 「飛沫感染防止」のため、全員が前を向くようにレイアウトを工夫

披露宴の会場は、栗林公園商工奨励館(讃岐迎賓館)。
南北のテラス扉を全て開けて、お庭とひと続きに。

その開放感は、「和装でガーデンパーティー!ステキ!」と列席者から声が挙がりました。


コロナ禍で結婚式を挙げられたカップルの事例 和装でガーデンパーティー

「藤田さん、やって良かった!ホントに今日で良かった!」
という花嫁さんのコトバに、緊張感MAXだった私もホッと胸をなでおろしました。


コロナ禍で結婚式を挙げられたカップルの事例

重要なお知らせ


フェアリー・テイルがプロデュースする結婚式、宴会、各種イベントにおきまして、新型コロナウイルス等の感染予防および拡散防止による衛生強化に努めております。

感染拡大防止に向けた取り組みについて

フェアリー・テイルでは、感染拡大防止のため、厚生労働省ほか行政機関の推奨内容、及び公益社団法人日本ブライダル文化振興協会より発表された結婚式場業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」に従い、感染被害抑止、ご参列の皆様および従業員の安全確保の観点から、以下の対策を講じております。

1.ご来場のお客様へ

  • 発熱等、風邪症状がみられる場合は、ご来場、ご参列をお控えいただきますようお願いいたします。
  • ご参列のすべての方に、入口での検温にご協力をお願いいたします。
    37.5℃以上の発熱等、風邪症状がみられる場合、ご参列をお断わりさせていただきます。
  • アルコール消毒液を設置しておりますので、ご来場の際、手・指の消毒にご協力くださいませ。
  • 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある場合、発熱や風邪の症状のある場合には、ご参列はご遠慮いただくよう、事前にご案内しております。
  • 来場時には、マスクの着用をお願いします。
    ロビー、控室、式場等においては、常にマスクを着用してください。
    集合写真を撮影する場合は、直前までマスクを着用し、会話を控えてください。

2.従業員に励行している事項

  • 出社時の体温測定、ならびに記録管理を徹底しております。
  • 業務に従事するすべての従業員は、体温測定後、検温済みを表示する名札を着用いたします。
  • 37.5℃以上の発熱等、風邪症状がみられる場合は会社に報告、自宅待機といたします。
  • 手洗い、うがい、アルコール消毒の実施を徹底しております。
  • 勤務中ならびに外出時についてはマスク着用を徹底しております。
  • もし、感染者、濃厚接触者と認定された方が身近にいることが発覚した場合は、ただちに管轄保健所ならびに所属会社に報告のうえ、自宅待機といたします。
  • 結婚式、宴会、イベントにかかわる委託先担当者、取引先納品担当者およびその家族についても、上記事項を厳守する様、周知を徹底しております。

3.その他の対応について

  • 施設内(扉、テーブル・イスなど、複数の人の手が触れる共用部分)を常時消毒いたします。
  • 施設入り口を開放、換気を徹底いたします。
  • ソーシャルディスタンス確保の観点から、テーブル配置、スペースの配慮を励行いたします。
    座席定員数の50%程度にしています。
    同テーブル内のお客様同士の間隔は、1m以上、テーブルとテーブルの間隔は1m80㎝以上を推奨しています。
  • マイク使用の都度にアルコール消毒を行います。
    また司会者からのゲストインタビュー形式でのマイクの使いまわし使用を避けることは、感染リスクを下げる方法のひとつと考えられますので、お客様のご協力をお願いします。
≪推奨≫『かがわコロナお知らせシステム』のご活用について

『かがわコロナお知らせシステム』は、新型コロナウイルス感染者との接触の可能性をお知らせするLINEアプリです。
ご列席者には、ご来場前または来場時に、QRコードを読み込んでいただくことで、訪問履歴を蓄積し、新型コロナウイルス感染者が発生した場合、当該感染者が訪問した店舗・イベント等に同日訪問した人に対して、感染者との接触の可能性をお知らせすることができます。
ご利用者には、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができ、感染拡大の防止につながることが期待されますので、結婚式、宴会、各種イベント等にご来場前に是非とも、以下をご確認ください。


お客様ならびに関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


関連タグ:ふるさとウエディング ガーデン スペシャルスペース プロデューサーポリシー 園婚 神前式

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE