ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  来賓や友人スピーチを頼まれたら、インターネットの情報やマニュアル本を参考にするな!!

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

来賓や友人スピーチを頼まれたら、インターネットの情報やマニュアル本を参考にするな!!

結婚式に招待され、来賓の祝辞や友人スピーチを頼まれた際、

少々常識外れ、マナー違反になってもイイから、
インターネットの情報やマニュアル本を参考にしてほしくない!


と、ブライダルプロデューサーの立場として思います。


ブライダルプロデューサー藤田徳子

「初めて来賓祝辞を依頼された!」
「友人スピーチ、緊張する!」
インターネットやマニュアル本を参考にせずに、
来賓の祝辞や友人スピーチ、乾杯の挨拶の原稿が、上手に書けるのか?!!
とご心配なことと思います。

そこで、本日は、私から、大事なポイントを3点、ご案内します。

1.新郎新婦に、新郎新婦本人のことをしっかり尋ねてください!

  • 生まれた頃からの生い立ち
  • 家族との思い出
  • 学生時代に頑張ってきたこと
  • 今の仕事を選んだ理由や仕事のやりがい
  • 二人が出会って結婚に至った馴れ初め
  • これからの家族としての目標、
  • (可能ならば・・・)元カレ、元カノとの過去の恋愛話(笑)

「NGワード、オフレコ話、スピーチでは言わないでほしいことは言わないよ」
とお伝えしておきましょう!

新郎新婦と親しい関係、よく知っている間柄だからこそスピーチを依頼されているとは言え、改めて、新郎新婦本人から話を聞いてみることが、大事なのです。
雑誌や新聞の記事を書くと思って、取材感覚でしっかりヒアリングしてください。

2.結婚式本番の進行内容について、新郎新婦に尋ねてください!

  • 出席者の人数(規模感)
  • 顔ぶれ(職場関係者、友人、親族、何人ずつくらい呼んでいるのか?)
  • お色直しをするのか?しないのか?、何を着るのか?
  • (サプライズ演出以外の)演出について、鏡開き、ケーキ入刀、友人余興など。

当日の内容は、二人からのおもてなしで、事前に伝えたくないはず。
「誰にも言わないから!」という約束をして、当日までは心に留めておきましょう!
  
結婚式の進行や演出!
「それスピーチに直接関係ないじゃん!」
と思うかもしれませんが、「ムードを掴む」こと、実はとても大事なんです。

久しぶりに結婚式に呼ばれたっていう、そこの上司の方!
初めて友人スピーチをするっていう、若者諸君!

最近は、結婚式の形式が一遍通りではない、画一的ではなくなっています。
誰の結婚式に出席しても、どこの結婚式に出向いても同じ、なんてことはありません。

少人数でアットホームな結婚式に、上司や友人が数人招待されている、って場合もあります。
感染防止の観点から、屋外で結婚式、ガーデンでスピーチなんてこともあり得ます。

アットホームな結婚式で、役人が作ったようなカタチばかりの挨拶、堅苦しい話、かっこ悪いじゃないですか?
ガーデンでのスピーチで、ペーパー持って長々と話すのも、かっこ悪いと思いませんか?

マイクの前に立つからには、その場のムードをつかむって重要なこと!!
せっかくのハレの日、場にそぐった内容で、バシッとキメたいですね!

3.自分以外に挨拶やスピーチの人がいるか?新郎新婦に尋ねてください!

  • 自分が来賓祝辞なら、乾杯挨拶は誰なのか?
  • 友人スピーチは、何人予定しているのか?
  • 学生時代の友人や職場仲間が余興を予定しているのか?

自分以外の「演者」について知りましょう!
自分以外に、どの場面で誰が登場するのかを把握することで、
自分の挨拶やスピーチに求められている内容、自分の立場が明確になるはずです。

  • 職場の代表として仕事ぶりの披露
  • 幼馴染としての思い出話
  • 部活や試験を共に戦った同士としての苦労話

など、スピーチのポイント、焦点が定まります。

【来賓や友人スピーチを頼まれた時の原稿作成ポイント】

  1. 新郎新婦のことを生い立ちから尋ねる!
  2. 結婚式当日のムードを掴むように事前調査をする!
  3. 自分以外の「演者」を確認する!

インターネットの情報やマニュアル本などを参考にすると、

  • 「またまた」「かさねがさね」など、重ね言葉は、再婚を想像させるから禁句。
  • 挨拶の冒頭と挨拶の締めでは、「おめでとうございます!」は欠かせない。
  • 来賓スピーチなら5分程度、乾杯挨拶なら2分以内、友人スピーチなら3分程度。

など、形式的なことばかり書かれています。

そのまま、スピーチ原稿を作成したら、誰の結婚式でも同じ内容、まるで心がこもっていないスピーチに仕上がってしまうと思いませんか?

禁句用語をちょっとくらい使って常識外れやマナー違反になってもイイから、
その新郎新婦ならではの!
そして、あなただから話せる!
オリジナリティあふれるスピーチにしてください。


今まで20数年間、ブライダルプロデューサーとして、
たくさんの結婚式に立ち会ってきましたが・・・。

「あっ!このスピーチ、マニュアル本の参考文例、そのままパクッてる!」
って、気づくこと、よくあります。
「本日、初めて新郎新婦ご本人にお会いしましたが・・・」
って、話を始める政治家さんとか見ると、ちょっとガクッとしますね!

マナー違反になっても、禁句の言葉を使ってもイイじゃないですか?!
それより大事なことは、
せっかくのお二人のハレの日、
お二人のことを心から祝福する気持ちが精一杯盛り込まれていたら、
それが一番ステキで、最高のハナムケの祝辞、スピーチだと、私は思います。

オマケ

実は、私、ブライダルプロデューサーの仕事の傍らで、
スピーチライターの仕事を受けることがあります。
結婚式や式典の挨拶原稿などの依頼も受けています。

結婚式の場合は、自分が会ったこともない新郎新婦に向けたハナムケの言葉を作ります。
企業の周年式典でも、自分が出席するわけではありません。
が、いつも原稿が仕上がった際には、(その会ったこともない)新郎新婦の幼馴染か?
(出席はしませんが)その企業の創業者さんの旧知の友か?
と思うくらいの内容になっていたりするんです。



関連タグ:プロデューサーポリシー プロデュース裏話

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE