ホーム  >  お知らせ  >  メディア掲載  >  【香川経済レポート】コロナ共生時代の「オンライン結婚式」記事掲載いただきました

お知らせ

【香川経済レポート】コロナ共生時代の「オンライン結婚式」記事掲載いただきました

―以下、記事より一部抜粋―
 
ブライダルプロデュースの(株)フェアリー・テイル(高松市瓦町二−二−八 藤田徳子社長)は5月、香川初の「オンライン結婚式」を玉藻公園披雲閣で創出した。
 結婚式を挙げたのは、県内在住の二十代カップル。コロナ禍で式の規模縮小を考えていたところ、藤田社長がオンラインでの結婚式を提案。オンラインに関わる費用も同社が全額負担した。
 当日は三密を避け、会場には新郎新婦と両家の両親のみが参列。式の様子はオンライン会議アプリ「Zoom」で生中継し、それを親族ら約30名のゲストがリモートで見守った。

 新婦は感激した表情で、「画面に友だちが見えて、祝福の言葉をかけてもらえた時には、涙が止まりませんでした」とコメント。
 リモートで参列した新婦の祖父(93歳)は、「足が弱く欠席予定だったが、孫のきれいな花嫁姿を見れて本当に良かった」と喜んだ。

 同社社長の考える「本当に良い結婚式」は、新郎新婦の人柄を表現し、列席者との絆がより深まることであり、今回その本質をオンラインでも実現できた。
 
「『新しい生活様式』が提唱される中、“コロナ共生時代”ともいわれています。三密ではなく、人間関係がより密になる暮らしの豊かさを追求してほしい。結婚式などのパーティを諦める前に、是非プロに相談を」と社長は呼びかける。

 また、同社では今秋頃を目処に、オンライン結婚式のパッケージ販売を目指す。料理は会場の参加者と同じメニューを事前に宅配。画面を通して料理を囲み、語らえる時間を提供していく考えだ。



関連タグ:メディア

お問い合わせはこちら