ホーム  >  ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議  >  プロデューサー藤田徳子の幸せ会議  >  素敵な結婚式のご紹介(史跡高松城跡 玉藻公園 結婚式/春編)~東京から“城好き”“歴史好き”のカップルが【史跡高松城 玉藻公園(城婚)】で挙式です~

ブライダルプロデューサー 藤田徳子の幸せ会議(BRIDAL PRODUCER NORIKO'S NOTE)

素敵な結婚式のご紹介(史跡高松城跡 玉藻公園 結婚式/春編)~東京から“城好き”“歴史好き”のカップルが【史跡高松城 玉藻公園(城婚)】で挙式です~

観光客でにぎわうゴールデンウイークの玉藻公園。
ひときわ、注目を集めるのは、白無垢姿の花嫁さん。
観光客から
「こんなところで結婚式が挙げられるなんて、高松市民は幸せね~」
と声をかけられたが、
なんと、このお二人は、東京都内に在住のご夫婦です。
香川県出身ではないお二人が、
わざわざここにいらっっしゃった、
その理由は・・・?



-----------------------------------------------------------

◆なぜ?
  お二人は、フェアリー・テイルの「高松城 結婚式(城婚)」を選ばれたのか?

新郎さんは、埼玉県出身。
新婦さんは、大阪府出身。
お二人は現在東京都内に在住。
お二人は、「歴史ファン」、「城好き」。
お城で結婚式を挙げ、それを写真に残したいと、
フェアリー・テイルを探しくださりました。
つまり、「結婚式のためだけに」、香川県・高松市にお越しいただいたのです。


-----------------------------------------------------------

◆藤田が、お二人のために提案したこと? 
 プロデュースのポイントになったこと?

<プロデュースポイントその1>

ご遠方に在住されているカップル様への配慮


新郎新婦ともに東京都内在住。
お二人のそれぞれのご実家も香川県ではありません。
結婚式の打ち合わせのために、
頻繁に香川県にお越しいただくことはかないません。
香川県にお越しいただいての打ち合わせは、事前に効率よく調整させていただきました。
新郎新婦二人そろっての来店は、一度限り(1泊2日)で行いました。
2日間で、お二人の希望をうかがうファーストカウンセリングに加え、
会場見学や衣装選び、当日のスケジュール調整などを行いました。
新婦と新婦お母様には、年末年始の休暇中、
ご親族に会うことを目的に香川県入りされる機会に、
衣装最終決定とヘアメイクリハーサルを行いました。
その後、当日まで、5か月程度の時間が開いましたが、
メールと御電話とスカイプとでの打ち合わせを進めました。
特に気を付けた点は、メール返信の「レスポンスのタイミング」と「言葉の使い方」。
お客様と弊社が物理的に離れているので、
主なコミュニケーションツールはメールです。
メールのレスポンスが鈍いことで、お二人に心配をおかけしたり、
また一言コトバが不足することで、乱暴に届いてしまったり・・・、
そんなことがないように、
遠方のお客様には、特にメールコミュニケーションの細やかさを
心がけるようにスタッフ一同に徹底しています。

<プロデュースポイントその2>

当日の写真撮影ポイントとスケジュールの調整


「歴史が好き、城が好き」、
「城で結婚式が挙げたい」、
「お城らしい場所で写真が撮りたい」
とのこだわりのお二人のために、
当日の挙式外の時間を最大限に有効に使って、
思う存分写真撮影いただけるようにスケジュール調整に気を遣いました。

前日には、カメラマンと最終のロケハンを行いました。
季節によって様子の変わる園内の中で、
その時期、特に写真撮影に向いているスポットをチョイスしておきました。 
また、お二人から事前に撮影したいカットやアングル、
当日の現場は限られた時間、
ポーズ取りやカメラアングルの設定に時間が要しないように、
構図などを細かくヒアリングしておきました。


8:00  新郎新婦 お支度開始(着付け ヘアメイク)
       於 玉藻公園 披雲閣 控室
10:00  新郎新婦 園内フォトツアー(1)
10:30  和船に乗って記念撮影 ※和船は園内で人気のスポットです。
11:30  挙式リハーサル
12:00  挙式開式
12:45  集合写真撮影 (月見櫓前)ご家族とスナップタイム
13:00  お色直し(白無垢→色打掛)
13:30  新郎新婦 園内フォトツアー(2)
      ※午前中の撮影スポットとは異なる場所を提案。
14:00  おひらき



<プロデュースポイントその3>

香川県民・高松市民として 『おもてなし』


欧米諸国では、市庁舎内や街の広場などで、
市長や助役、裁判所判事などが司会者となり、
一般市民の参加のもとに公開して行われる「市民結婚式」という挙式スタイルがあります。
広く市民に結婚を誓うことで結婚に対する責任意識が高くなり、
離婚率が下がるとも言われています。
大西高松市長がフェアリー・テイルの「ふるさとウエディング」に賛同し、
高松市らしいロケーション結婚式を挙げるカップルには、
高松市長公認・直筆の
瀬戸の都・高松市民結婚式」の結婚証明書を発行してくれています。
これらには、市民以外の方が、香川県高松市で結婚式を挙げてくださることに、
歓迎・おもてなしの気持ちも表現されています。


-----------------------------------------------------------

◆ブライダルプロデューサーとしての幸せ・・・

フォトデータをお受け取りになった花嫁さんから
一通のメールをいただきました。(一部抜粋します)


写真を見ながら、すごくお天気に恵まれた当日を思い出しました。
当日てんやわんやしていた自分の視界には入れられていなかった、
家族の表情や小物や風景を撮っていただいていたのは、
本当に嬉しいことですね。ありがとうございます。
是非、今後、この史跡高松城で結婚式を挙げることを検討されるカップルの
参考になればと思っています。



弊社を訪ねてくださるカップルは、
年々香川県外に在住の方が増えています。
交通費や大事なお二人の時間を使って、香川県を訪れて、
フェアリー・テイルにプロデュースのご依頼をいただくことは、
通常にも増して、プロセスを大事にして、
ご不安な念を抱かれないように配慮しなければなりません。

顔の見えないコミュニケーションツールである、
メールや電話では、言葉一つが不足することで、
私たちプロデューサーとカップルの信頼関係が崩れてしまうことさえあります、

今回は、ご親族のみ、少人数で、披露宴プランのない挙式のみを
ご依頼いただきましたが、
規模の大小やご依頼内容の幅の問題ではないと思います。
「写真だけのために」「挙式だけのために」、
業界的に言えば小さな案件だからこそ、
大事にしなければならないことがあります。


わざわざご遠方からお越しくださるカップルの
『思い』、『こだわり』、『夢』を叶えてさしあげることができるのは、
地域に密着した私たちプロデューサーしかできないサービスだと思います。
これからも、結婚式のために、
香川県を、高松市を訪れてくださるカップルに少しでもお役に立てればと
思っています。



関連タグ:ふるさとウエディング 城婚 瀬戸の都・高松市民結婚式 神前式 フォトウエディング プロデュース裏話 現場レポート 家族婚・少人数婚

お問い合わせはこちら

RELATED POSTS

MORE